Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『チィファの手紙』新場面写真公開 岩井俊二監督がキャスト陣について語ったコメントも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 9月11日に公開となる映画『チィファの手紙』の新場面写真と岩井俊二監督のコメントが公開された。 場面写真  本作は、松たか子、広瀬すず、福山雅治らが出演した岩井監督の最新作『ラストレター』と同じく、自身の小説を原作に、中国で描いたもうひとつの『ラストレター』。  主人公のチィファ役を務めたのは、アジア映画賞の女優賞を総なめにし、中国四大女優と称されるジョウ・シュン。岩井監督はプロデュース、脚本、編集、音楽も兼ね、撮影監督は日本版『ラストレター』でも撮影を務めた神戸千木、プロデューサーにはアジア映画業界の巨匠ピーター・チャンが名を連ねている。  2018年11月9日より中国で公開され、中国映画としてはその週の興行ランキング1位を獲得。北米、オーストラリアほか各国でも称賛を浴び、中国のアカデミー賞とされる第55回金馬奨では、最優秀主演女優賞・助演女優賞・脚本賞の3部門でノミネートされた。  日本版では松が演じたヒロイン役を務めたジョウ・シュンについて、岩井監督は「生き方そのものが自然体。魂が自由。そんな方です」と表現。チィファの初恋の相手チャンを演じたチン・ハオについては、「さりげない仕草に深みのある人です」と語る。日本版では福山が体現した役どころだが、上海でくすぶっている売れない小説家を丹念な所作の積み重ねで表現している。  日本版では庵野秀明が演じた、チィファの夫ウェンタオを強烈なインパクトで見せたドゥー・ジアンについては、「いろいろユニークなアイディアのある人です。キレるシーンは現場が凍りつきました」と撮影を振り返る。日本版では森七菜が演じた回想シーンのチィファと、チィファの娘サーランの2役に扮したチャン・ツィフォンについては、「才能に満ち溢れた若き女優です。泣くシーンでは何度演じてもちゃんと同じタイミングで泣くのです」と絶賛。史上最年少で中国のゴールデングローブ賞「金鶏百花映画祭」で新人賞を受賞した実力派の演技には岩井監督も舌を巻いた。  中学生時代のチィナンと、チィナンの娘ムームーを演じたダン・アンシーについては、「お姉ちゃん役でしたが、実は年下です。勘がよく、微妙なニュアンスも理解してくれました」と評する。物静かで、おしとやかなチィナンの内なる芯を、日本版の広瀬とはまた違ったタイプのキャラクターとして表現している。 (c)2018 BEIJING J.Q. SPRING PICTURES COMPANY LIMITED WE PICTURES LIMITED ROCKWELL EYES INC. ZHEJIANG DONGYANG XIAOYUZHOU MOVIE & MEDIA CO., LTD

リアルサウンド編集部

【関連記事】