Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『風と共に去りぬ』オリヴィア・デ・ハヴィランド死去

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Numero TOKYO

オリヴィア・デ・ハヴィランド(Olivia de Havilland)が死去した。104歳だった。 『風と共に去りぬ』への出演などで知られるオリビアは、25日(土)老衰によりパリの自宅で息を引き取ったという。 オリヴィアの元担当弁護士スゼル・M・スミス氏は、「昨夜、世界は国際的な宝を失い、私は親愛なる友人、そしてクライアントを失いました。彼女はパリで安らかに亡くなりました」と発表している。 オリヴィアは1916年東京で生まれ、その後家族と共にカリフォルニアへ住まいを移し、名声を手に入れた。1935年作『海賊ブラッド』などの作品への出演で、女優としての位置を確立したが、最も有名な作品は、メラニー役を演じた1939年作『風と共に去りぬ』となっている。 同作品で、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたほか、1946年作『遥かなる我が子』と1949年作『女相続人』で、アカデミー賞主演女優賞を2度受賞している。 オリヴィアの訃報を受けて、多くのファン達がソーシャルメディアに追悼コメントを投稿している。ある者は、「安らかにお眠り下さい。オリヴィア・デ・ハヴィランド。真のハリウッドの伝説。私は『風と共に去りぬ』で彼女を知りましたが、私のお気に入りの彼女の演技は、『女相続人』です。(『風と共に去りぬ』で共演した)ヴィヴィアン・リーに関する本を執筆中、幸運にも彼女をインタビューする機会がありました。彼女は、紙の上ですら、とても丁重でした。104歳とは、なんという人生でしょう!」と綴り、またほかの者は、「オリヴィア・デ・ハヴィランドなしでは、俳優達は、映画プロデューサー達のゲームの駒として搾取され続けていたでしょう。彼女は不利な契約を巡り、3年に渡り法廷でジャック・ワーナーと闘い、契約法を永遠に変えたのです」と故人のハリウッドにおける貢献を称えている。

【関連記事】