Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジャルジャル・後藤「スクール水着で暴れててんけどな(笑)」自宅でネタ収録後、何事もなかったかのように家族で食事

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレ朝POST

斬新な発想と世界観でネタを生み出し、バラエティ番組、映画、ヌード写真集、海外公演、YouTubeやオンラインネタサロンなどさまざまなチャレンジを続けているジャルジャルの後藤淳平さんと福徳秀介さん。 約8,000本という圧倒的な数のネタを持ち、2018年からYouTubeで毎日ネタ動画をアップし、2039年まで続ける予定だという。2010年には映画初出演にして『ヒーローショー』(井筒和幸監督)に主演。俳優としても注目を集め、後藤さんは映画『銃』(2018年)や映画『記憶にございません!』(2019年)に出演。初主演映画『ロックンロール・ストリップ』が現在公開中。

◆三谷組の撮影現場は夢のなかみたい

2019年、後藤さんは三谷幸喜監督8作目となる映画『記憶にございません!』に出演。この映画は、市民の投石によって記憶を失くしたことで“悪徳総理大臣”から“善良なおじさん”へと変貌した黒田啓介(中井貴一)が、日本を本気で変えようと奮闘する政界コメディー。後藤さんは、「影の総理」とも称される内閣官房長官・鶴丸大悟(草刈正雄)の秘書官・八代を演じている。 -出演されることになったのは、監督のご指名だったそうですね- 「そうです。『すごい普通の人がおるな』って思ってくれたらしくて。普通の人を探していたというわけではないでしょうけど、三谷さんの映画ってキャラが濃い人が多いじゃないですか。そこにほんまにノーマルの感じで出てほしかったみたいです。 はじめてお会いしたときに『テレビにすごく普通の人が出ているなと思ったんですけど、生で見ても普通ですね』って言われました(笑)。『普通でええこともあるんやなあ』って」 -三谷組はいかがでした?- 「いやあ、いまだに嘘みたいです。そうそうたるメンバーすぎて、夢のなかみたいな感じ。周りがすごすぎて。 経験がないので緊張しっぱなしでしたけど、監督が結構気を使ってくれて、待ち時間とかしゃべりかけてくださいました」 -クールな人かと思ったら、実は人間味のある秘書というユニークな役でしたね- 「はい。髪型とかもそうですけど、キャラに入ってやることができたので、結構すんなりできました」 -完成した映画をご覧になっていかがでした?- 「このなかに自分がおるというのが、すごい不思議でした」 -ご両親も喜ばれたのでは?- 「すごい喜びました。三谷さんの作品が大好きなので。これは、親孝行のひとつかもしれないですね(笑)」

【関連記事】