Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

週刊地震情報 2020.6.14 14日(日)に奄美大島北西沖でM6.3の深発地震が発生

配信

ウェザーニュース

 この1週間で、国内で観測された地震回数は前週に比べると少なくなりました。震度3以上の地震は4回発生しています。地震の発生は西日本の太平洋沿岸で少し目立ちます。(6月8日~14日10時の集計)

国内:奄美大島北西沖でM6.3

 14日(日)0時51分頃、奄美大島北西沖を震源とするマグニチュード6.3の地震が発生しました。この地震で奄美大島の南にある請島と喜界島で最大震度の4を観測しています。この地震は深さが約160kmの深発地震で、震央に近い奄美大島よりも、少し離れている請島や喜界島で揺れが強まる、異常震域の傾向が見られました。  ※異常震域とは  多くの地震に見られる震央から同心円状の震度分布ではなく、震源が深い場合に地震波が伝わりやすい太平洋プレートに近い地域が大きく揺れる震度分布を異常震域と言います。

潜り込むプレート内で発生か

 今回の震源付近では去年7月にもマグニチュード6.0の地震が起きるなど、時々深い震源のマグニチュード6クラスの地震が発生しています。  地震のメカニズムも過去に発生したものと似ており、ユーラシアプレートに沈み込んでいるフィリピン海プレート内部で起きた地震と考えられます。

国内:土佐湾でM4.7 最大震度は4

 10日(水)0時22分頃、土佐湾を震源とするマグニチュード4.7の地震が発生し、高知県中土佐町と黒潮町で震度4を観測しました。土佐湾を震源とする地震で、震度4以上を観測するのは、2010年10月以来、約10年ぶりのことです。  土佐湾では過去にあまり大きな地震が発生したことはなく、気象庁の詳しい記録が残る1919年以降では、1923年12月に発生したマグニチュード6.3の地震があります。当時は震度の観測点が少なかったため、最大震度は徳島市で観測した4でした。  高知県では内陸部を震源とする被害地震はほとんどなく、最も警戒が必要なのは南海トラフによる巨大地震です。今回震度4を観測した黒潮町は想定される南海トラフ巨大地震で、34mの津波が予想されており、やはり津波への対策が欠かせない地域になります。  12日(金)には日向灘でもマグニチュード4.2、最大震度3の地震が発生しており、南海トラフ周辺域での地震活動に注目です。

【関連記事】