Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

パリ|ブイヨン・ピガールのお持ち帰りメニューは10ユーロ!

配信

フィガロジャポン

5月11日に外出制限令が解除されたフランス。レストランの店内営業が可能になる時を待つ間、有名シェフのレストランも街のビストロも多くの店がテイクアウトや配達メニューを開始している。 内容も価格も店さまざま。どういった料理が用意されているのだろう? パリ|ネオ・ブラッスリーの時代。

たとえば、“15ユーロで満腹になれる”という手頃な価格をうたい文句に2017年にオープンした「Bouillon Pigalle(ブイヨン・ピガール)」による「ブイヨン・セルヴィス」の場合。テイクアウトできるのは前菜、メイン、デザートのセットで10ユーロである。どうということのないピザ屋のお持ち帰りよりも安い。

メニュー内容は日替わりで、金曜なら前菜がセロリのレムラード、メインがサーモンとインゲン、デザートはレモンタルトだ。日曜なら前菜はウフ・マヨネーズ、メインがブフ・ブルギニヨンとコキエット・パスタ、そしてデザートはチョコレートシューというように、ブラッスリー料理を“自宅外食”できるのだ。さすがパリ!! ビオのワインとプージョランの田舎パン、そして日刊紙ル・パリジャンも合わせて販売している。購入は店で、あるいはクリック&コレクトでも。営業時間が10時~22時というのも、親切では?

<Bouillon Pigalle> www.bouillonservice.com

realisation : MARIKO OMURA

【関連記事】