Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

永瀬廉主演映画『弱虫ペダル』原作とのコラボ映像公開 渡辺航&アニメ版声優からコメントも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 現在公開中の映画『弱虫ペダル』。原作コミックと本作の映像がリンクしたコラボ映像が公開された。 【動画】『弱虫ペダル』原作コラボ映像  King & Princeの永瀬廉が主演を務める本作は、2008年より『週刊少年チャンピオン』にて連載が始まり、現在までで68巻が既刊されている渡辺航の人気コミックを初めて実写映画化したもの。主人公は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道。あることをきっかけに自転車競技部に入部することとなり、そこで出会ったかけがえのない仲間たちのために、自分の限界や壁を越え、レースに勝利するための努力を覚えていく。  主人公の小野田坂道役で永瀬が主演を務め、期待の新人エース・今泉俊輔役を伊藤健太郎、自転車競技部のマネージャー・寒咲幹役を橋本環奈が演じるほか、坂東龍汰、竜星涼、柳俊太郎、菅原健、井上瑞稀(HiHi Jets)、皆川猿時が出演している。  原作のセリフが随所でそのまま使用されたコラボ映像では、今泉(伊藤健太郎)が坂道(永瀬廉)に勝負を持ちかけるシーンや、坂道が初めてロードレーサーを手にした瞬間など、坂道の運命が動く印象的な場面だけでなく「誰よりも早く、山の頂上にたどりつけ!」と鳴子(坂東龍汰)に背を押されるシーンや、裏門坂で今泉の背中を追いかけようとする坂道の姿を捉えた場面が、原作と比較しながら展開されていく。  また、本作を鑑賞した原作者・渡辺航、アニメ版のキャストから絶賛コメントが寄せられた。本作を鑑賞した渡辺は、「本物の汗、美しい背景も見どころですよ!」と実写ならではのポイントを紹介。アニメ版で小野田坂道を演じる声優・山下大輝は、「ワンシーンワンシーン、とても丁寧につくられていることに感動しましたし、アフレコしていた頃を思い出しながらニヤニヤしながら観ていました!! そして僕もまた走り出したくてウズウズしてしまいました!」と、アニメの雰囲気を思い出したことを明かし、今泉俊輔役を演じた鳥海浩輔も「私の想像を遥かに超えたモノがそこにありました。非常に濃密な約120分を楽しませていただきました」と絶賛を寄せた。  また、鳴子章吉役の福島潤も「総北魂を感じる素晴らしい『弱虫ペダル』です。映画を観たら、すごく自転車に乗りたくなっちゃいますよ!」とコメント。寒咲幹を演じた諏訪彩花も「胸の高鳴りや仲間との絆が、沢山詰まっていてずっと心を揺さぶられていました。映画ならではの景色の美しさや迫力も素晴らしかったです!」と語った。

リアルサウンド編集部

【関連記事】