Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なぜ小池百合子は男社会に利用されなかったのか。働く女性の30年と重ね、『女帝』筆者・石井妙子さんが語る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

東京都の新型コロナウイルス対策、東京五輪への対応、そして今後の首都東京の舵取りをどうしていくのか、が問われた東京都知事選は、現職の小池百合子都知事の圧勝に終わった。 【全画像をみる】なぜ小池百合子は男社会に利用されなかったのか。働く女性の30年と重ね、『女帝』筆者・石井妙子さんが語る 一方、都知事選直前に出版され、小池氏の政治家としての資質を厳しく追及している『女帝 小池百合子』は20万部ものベストセラーになっている。著者の石井妙子さんはこの「小池再選」をどう見ているのか。Business Insider Japan統括編集長の浜田敬子が聞いた。 ── 都知事選が終わって小池百合子さんが再選しました。石井さん、今率直にどう感じていらっしゃいますか? 石井:再選は予想していました。自民党が対抗馬を立てず、野党の足並みもそろっていたとは言えませんでしたから。 一番問題だと感じたのは結果そのものよりも報道の在り方でした。今回の選挙ではテレビ討論が放送されなかった。小池さんが消極的な姿勢を示したからです。小池さんが出演しないのでは意味がないとテレビ局が判断し、討論会自体が開かれなくなってしまった。 さらに小池さんは、コロナを理由に街頭演説もしなかった。すると、他候補の街頭演説もほとんどテレビで報じられなくなってしまった。現役の都知事にメディアが忖度しているとしか思えません。それでいて、小池さんは毎日、新型コロナウイルスに関連して会見に応じ、その姿はテレビに映し出される。不公平です。 もっと投票日前に候補者の政策や人となりや問題点を整理して都民に示すような報道をしていれば、と思います。政治家の人間性、思想信条、政治的手腕を都民が「知った」上で判断を下せるような状況を作らないと、何も情報がないままで、なんとなく知った顔を選ぶことになってしまう。 ──それにしても『女帝 小池百合子』、20万部とは。書籍、特にノンフィクションが売れない時代になぜこれだけ売れたと思われますか? 石井:初版は3万部でそれすら売り切れるかどうか、と心配していたんです。ノンフィクションは売れない、特に政治家の評伝は売れない、分厚い本も売れないと言われて。本当に読んでもらえるのだろうか、という不安がありました。大量に売れ残ってしまったら、どうしよう。自分自身でリヤカーに乗せて売ろうかな、などと冗談で話していたくらいで。 でも本が出た途端に、みなさんが感想をSNSなどにあげてくださって、自然と売れていったというか。それが意外だったし、嬉しいことでした。いつも思うのは、作品は作者のものではなく、また作者が一番理解しているわけでもないということ。より深く理解してくれる読者に恵まれたことが嬉しかったです。 学歴詐称問題が注目されがちなのですが、読者からの感想はもっと幅が広くて、小池さんがどういう人物であるかを考えるきっかけになった、小池さんを生み出したのは自分たちも含めた「平成」という時代だったのではないか、といった意見多かったです。

【関連記事】