Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

AK-69、名古屋城をバックに生き様を記した「超配信ライブ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rolling Stone Japan

AK-69が、2020年8月28日に配信ライブ「LIVE:live from Nagoya」を開催した。 写真10点:もっとライブ写真を見る 今回の配信ライブはAK-69の地元である愛知県・名古屋の名古屋城にてライブパフォーマンスを配信。ライブには、彼が8月5日にリリースした最新アルバム『LIVE : live』にも参加したZORN、R-指定、SWAY、IO、MC TYSON、¥ellow BucksとDJ RYOWらが出演。 YouTubeで公開されているトレーラー映像の中で「俺にしかできない名古屋城でのライブで、AK-69史上、ヒップホップ史上、そして配信ライブ史上になかった金字塔を打ち立てる。この名古屋城をバックに誰も見たことのない絵を皆に届けたい」と語った通り前代未聞のスケールを示し、彼のアーティスト人生のストーリーが垣間見えたライブとなった。以下に、ライブレポートを掲載する。

採算度外視で実現した配信ライブ

明らかに規格外。生活が激変した混迷の時代に、シーンを代表するミュージシャンとして何ができるか、その答えを採算度外視で実現した配信ライブが「LIVE:live from NAGOYA」である。冒頭で語られる「誰もが苦境の中に立たされている。俺達はエンターテイメントとしてみんなを楽しませなきゃいけない、勇気づけなきゃいけない。AK-69の本質をこのマイクで届けるよ」という宣言が、この日のライブのすべてを言い表している。未曾有の危機に晒されている状況だからこそ、臆することなくアーティストとしての役割を全うする。そんなAK-69のエンターテイナーとしての矜持をまざまざと見せつけられた1時間半。豪華な客演、楽曲の持つ世界観を引き立てる演出、そして何より意志のこもったメッセージを歌いラップし続ける気迫、まさにAK-69にしかできない「超配信ライブ」である。 本ライブが生配信ではなく、収録ライブという形式になったのも必然だったのだろう。大勢の観客を入れた生のライブができない中、どんな方法で臨場感と完成度を兼ね備えた表現を見せるられるか、その答えがこのストーリーテリングされたショーである。音質やカメラワークにもこだわり、CGも駆使して作られれたアートとしての配信ライブを追及したとも言えるだろう。

【関連記事】