Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

仏内相「イスラム原理主義者によるテロだ」 シャルリー・エブド旧本社前の襲撃で逮捕者が7人に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 フランス・パリの風刺雑誌「シャルリー・エブド」のかつての本社前で起きた襲撃事件で、新たに5人が逮捕され、逮捕者は7人になった。 【映像】逮捕者7人に フランス刺傷事件  25日、「シャルリー・エブド」の旧本社にあるテロ被害を追悼する壁画付近で男女2人が切り付けられた。2人は現場近くで働くジャーナリストで、1人は重傷となっている。  目撃者は「被害者の一人は背の高い白人男性で血を流していた」「容疑者は30~40代の男でナイフを持っていて、血まみれの被害者の背後をうろついていた」と話している。  警察は直後に逮捕したパキスタン出身の18歳の少年ら2人に加え、新たに5人を逮捕した。少年は犯行を認めていて、検察はテロの疑いで捜査しており、ダルマナン内相は「明らかにイスラム原理主義者によるテロだ」と話している。  「シャルリー・エブド」は2日、5年前のテロのきっかけとなったものと同じイスラム教の預言者の風刺画を掲載し波紋が広がっていた。(ANNニュース)

【関連記事】