Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

早朝の農家に侵入…「お腹が痛かった」と逃走 JA職員を逮捕 現金盗むためと供述 北海道浦幌町

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
HBCニュース

 13日、十勝の浦幌町で、JA職員の男が、農家の住宅に侵入した疑いで逮捕されました。男はこれまでに何十軒もの住宅に侵入し、現金を盗んでいたことをほのめかしているということです。  逮捕されたのは浦幌町の「JAうらほろ」の職員の30歳の男で、13日の午前5時ごろ浦幌町活平(かつひら)の農家の住宅に、現金を盗むため侵入した疑いがもたれています。  警察によりますと、男は、農家の敷地に車を止め、無施錠の玄関から住宅内に侵入しましたが、建物から出て来たところを家主の男性に発見されました。  男は、「お腹が痛かった」などと言い訳をして、乗ってきた車に乗り逃走しましたが、不審に思った家主の男性が警察に通報し、男は、13日午後、農家からおよそ10キロ離れたところで逮捕されました。  男には借金があり、「お金を盗むために住宅に入った」と、容疑を認めているということです。  今回は金品の被害はありませんでしたが、男は警察の調べに対し「同じようなことを何十件もやりました」と話していて、実際に現金を盗んだこともあるという趣旨の話もしているということです。  警察は余罪について詳しく調べています。

北海道放送(株)