Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

金委員長が台風被害視察 対策の不備を指摘

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

Nippon News Network(NNN)

北朝鮮の国営メディアは、金正恩委員長が台風9号の被害の状況を視察し、安全対策の不備を指摘したと伝えました。 朝鮮中央テレビによりますと、金委員長は5日、台風9号で被害を受けた東部の咸鏡南道を訪れ、被害の状況を視察しました。咸鏡南道と咸鏡北道で1000世帯あまりの住宅や農地などが被害を受けたと伝えています。 金委員長は「安全対策が不備で、防潮堤がまともに建設されていない」などと指摘し、早急に対策を取るよう指示したということです。金委員長は現地で党の重要会議を開き、地元の党幹部の解任を決定しました。 また、5日付の「労働新聞」では、台風の被害で「数十人あまりの人的被害が出た」として、別の地方の幹部への厳罰が決まったとも報じられています。 7日以降、台風10号も接近する恐れがあり、厳しい処罰によって引き締めをはかる狙いがあるものとみられます。

【関連記事】