Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神、攻撃的采配で逆転勝ち 6年ぶり”センター福留”が2点二塁打&決勝2ラン

配信

ベースボールキング

○ 阪神 6 - 4 ヤクルト ● <6回戦・甲子園>  阪神が3点ビハインドをひっくり返し4カード連続の勝ち越し。途中出場で中堅守備に就いた福留が、決勝2ラン含む4打点をマークした。  試合序盤はヤクルトペース。阪神は先発の中田が3回までに3点を先行され、右腕は5回途中3失点で降板した。それでも、2番手・小川以降のリリーフ陣が力投。粘り強く打線の反撃を待った。  すると3点を追う6回、一死から4番・大山が中越え三塁打を放つと、続くボーアの二ゴロの間に得点。その後、二死無走者から連続四球で一、二塁とし、代打・福留が同点となる2点適時二塁打を右翼後方へ運んだ。  福留は6年ぶりとなる中堅守備に入り出場続行。すると1点を追う8回、阪神は6番・サンズの左越え3号ソロで再び同点に追いつくと、なおも一死一塁でこの試合2打席目となった福留が、決勝2ランをバックスクリーン横へ運んだ。  矢野監督はこの試合、調子の上がらない1番・近本を2打席凡退後にベンチに下げ、ともに代打から出場した陽川と福留を中堅で起用。攻撃的采配が奏功し、チームは広島と入れ替わり最下位を脱出した。  白星は4番手の岩崎につき2勝目(1敗)。ヤクルトは開幕から11試合連続無失点中だった4番手・清水が2本の本塁打を浴び、今季初黒星を喫した。

BASEBALL KING

【関連記事】