Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

地上波初放送の『オーシャンズ8』は「カルティエの特大ダイヤモンド」に注目! 名作映画に登場した煌びやかなジュエリーについてのトリビア

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

銀幕の女優たちにさらなる輝きを与え、ときには作中のキーアイテムとしても重要な役割を果たしてきたジュエリー。そこで今回は、眩暈がするほど美しい、名作映画に登場した豪華絢爛なジュエリーの数々を振り返ってみよう。 【写真】昨年末に出産、実は二児の母! アン・ハサウェイの美貌遍歴

『オーシャンズ8』

2018年に公開された映画『オーシャンズ8』がついに今晩(2020年7月10日)、「金曜ロードSHOW!」[日本テレビ系 21:00~22:54]で地上波初放送される。 後述する『泥棒成金』と同様、こちらも稀代の宝石泥棒を描いた映画だが、『オーシャンズ8』のターゲットは“トゥーサン“と呼ばれる巨大なネックレスで、カルティエの伝説的クリエイティブディレクター、ジャンヌ・トゥーサンから名前がつけられたもの。 アン・ハサウェイ演じるキャラクター(人気女優のダフネ)が、ファッション業界における一大イベント「メットガラ」で装着する。 映画の中のネックレスは本物ではないが(白金にマウントされた酸化ジルコニウム)、カルティエのパリのアトリエで製作されただけに、まるで本物のように素晴らしい。 実はこちら、1931年にカルティエがナワナガルのマハラジャのために製作したヴィンテージのネックレスにインスパイアされたデザインで、12カラットのオリーブグリーンのダイヤモンド、136.25カラットのブルーホワイトのダイヤモンド、ひと握りの大きなピンクダイヤモンドが、カスケード状のホワイトダイヤモンドに混じっている。

『泥棒成金』

ヒッチコックの洗練されたスリラーは、ケーリー・グラント演じる元宝石泥棒を中心に筋が展開されるだけに、もちろん宝石が出てくる(盗品だけれど) 彼を追いかけるのがグレース・ケリー演じるフランシスという名のアメリカの富豪の娘で、キラキラと輝くネックレスをつけてグラントが盗みを働くよう仕向けるシーンも。 「ダイヤモンドは裏庭で花火が爆発するようなもの。世界で唯一、抗えないものだわ」と、彼女が猫撫で声で言う。 魅惑的な作品で、少しでいいから輝きが欲しい退屈な午後に、もう一度観る価値は十分にあり。

【関連記事】