Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Editors' Blog】古着好きな、素敵なオジサン。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フィガロジャポン

フィガロ編集部の隣には、Pen編集部があります。そのPenで、数カ月前、何やらおもしろそうな動画を作っていると聞きつけて、ちらりとPen onlineのYouTubeチャンネルを観たら、ハマっちゃいました。「光石研の東京古着日和」。ハマったのは私だけじゃなくて、反響の大きさゆえに、先週末なんとBSフジで拡大版が放送! 見逃しちゃった!という方、まだ観たことないという方。本日17日夜、本家YouTubeで配信スタートされるんです、ぜひ、おすすめさせてください。 Pen発のドラマ「光石研の東京古着日和」がBSで先行放送!

それはフィクションのような、ノンフィクションのような不思議な動画で、俳優の光石研さんが、ゆったりと古着屋巡りに行き、あれこれ悩みながらお買い物をするというもの。 アドリブなのか、セリフなのかよくわからないけれど、光石さんワールドにぐぐっと引き込まれます。 初めて観たのはたしか電車で移動中の20分くらい、ぐっと集中して雑誌の特集をひとつ読んだような満足感に感激しました。 動画に流れる全体的な空気感はゆったりしているんですが、細部がとても丁寧に作りこまれている。たとえば古着屋さんの店内を描いた間取り図と、陳列されているアイテムの端的な説明書き、光石さんの選んだアイテムからは、古着用語の解説や、アイテムの豆知識も! それぞれのお店が扱っている古着への愛情を感じるし、古着の魅力をあらためて知り、興味がむくむと湧いてきます。それになんていったって、光石さん、なんだかかわいいんです。かわいいっていいのかしら?と思い、タイトルでは“素敵なオジサン”としてみましたが、あれは、(敬意をこめて)かわいいオジサンです。コミカルな表情や、どのアイテムも欲しくなっちゃって、うんうんと悩む姿、そして最後はとてもうれしそうに購入したものを着て帰っちゃうという。内容もさることながら、光石さんの魅力がすごいです。 悩ましさが伝わり、一緒に何を買うか毎回考えちゃいます。予想と違うものを購入していると、「えええっ!」と一人で突っ込んでしまうほど、ハマってます。

それに共演者の方もいいんですよねぇ、実際の店長さんが登場したり、モデルの女の子が登場したり、毎回のセッションは楽しみで、最後のアフタートークも心憎い。拡大版はスペシャルゲストがたくさん登場し、古着のバリエーションも豊富!  次の週末、古着屋巡りしたくなること間違いなしです。次回作も楽しみだけど、過去動画も思わずリピートしちゃってます。

【関連記事】