Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨人日本一奪回の壁は「球場」にあらず…原監督を悩ます対戦相手と空白期間

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 どこでやるかではなくどことやるかだ――。巨人の原辰徳監督(62)、そんな心境ではないか。  巨人がリーグ優勝した場合、日本シリーズのホームゲーム(第1~2、6~7戦)を京セラドーム大阪で開催することが決まった。シリーズ期間中、本拠地の東京ドームが社会人野球の都市対抗大会で使用されるための特別措置だ。 「今季も勝率・744と圧倒的な東京ドームを使えないのは痛手だが、毎年主催試合を行っている京セラドームでも通算19勝13敗と相性はいい。大黒柱の菅野も京セラドームでは過去4試合で防御率0・93(1勝1敗)と圧倒的です。問題は場所ではなく相手でしょう」  巨人OBがそう言うように、昨年の日本シリーズはソフトバンクに0勝4敗とまるで歯が立たなかった。原監督は昨年までの13年間でペナントレースを制すること8度、セ・リーグでは「名将」と呼ばれるにふさわしい結果を出しているものの、日本一の栄冠に浴したのはたったの3度。CSでの敗退を含めて、短期決戦でのもろさを露呈している。セ5球団とは投打に段違いのパ・リーグのレベルにスコア以上に圧倒されるシーンが少なくなく、特に昨年は「かなり高い壁」と実力差を認めざるを得なかった。 「パはそのソフトバンクがリーグ首位に立っているわけですが、ソフトバンクには交流戦通算でも23勝36敗と大きく負け越している。ちなみにパ2位のロッテにも交流戦では23勝33敗(3分け)。しかも、CSがあるパに比べ、巨人は独走優勝で日本シリーズまで真剣勝負の間隔がだいぶ空く。それも頭の痛いところです」(前出のOB)  悲願の日本一奪回は簡単ではない。

【関連記事】