Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アベンジャーズ級の人気店が結集した秘密基地って知ってる?めくるめく美食空間だ!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東京カレンダー

もしも名だたる名店の味を、一堂に楽しめるお店があったら……。しかも、名実ともに真の名店で。 そんな、夢のようなラインナップがそろう一軒が銀座にできた。7月にオープンした『銀座美会』だ。 銀座には珍しい黒い一軒家で、客席は2階に個室が4つのみという、お忍び感満載の「美食空間」なのだ。

この店、一体なに⁉ 予約困難な店の味がひとつのお店で食べられる!

ここで食べられる料理が、あまりにスゴい!と話題なのだ。メニューを見ると、本当に目を疑うほど。 目黒の行列店『鳥しき』、京都の有名肉割烹『三芳』、白いトンカツで有名な『成蔵』、予約の取れない熟成鮨『すし喜邑』に、世界で33人しか会員になれない『HIBACHI』などものすごいメンツが揃う。 全店に行こうとしたらお金も時間もかかりすぎて無理! というか、行けない店がほとんど。こういった名店から料理を提供してもらい、ここで一堂に楽しめるという! しかも、ラインナップは常に変わるというから飽きる心配もない。 現在は夜のみの営業で、ビアさんが取り寄せた食材を使い、しっかり食事を楽しめる「おまかせコース」(¥18,000)や、お酒とともに楽しめる「美愛名店セット」(¥12,000~)を用意。各店の料理(通常の一品料理もあり、そちらも選べる)から好きなように組み合わせて、自分好みのセットを作るカタチだ。

店主のビアさんは年間500軒食べ歩いていた著名なフーディー!

そもそも、なんでこんなお店が実現したのか。 それは、店主のビアさんの人柄によるもの。そう、“美会(ビア)”というのは、店主の名前からきている。 ビアさんは食通界隈では知られた人物。タイ出身で、大学から日本に来ている。 勉強の傍ら、日本の食、そして職人の世界にハマり、日本中の名店を食べ歩いてるうち、徐々に“お店とのいい関係”を築いていったそう。 その経験を仕事にも活かし、現在は飲食コンサルや海外の要人へのコーディネーターなどを行っている。 愛嬌あるキャラクターでカメラを向ければ、お決まりの“ビアポーズ”! とにかく、人から好かれるのがわかる。

【関連記事】