Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ペリカンズのロンゾ・ボールがシーズン再開を語る「健康ならどんな相手にも対抗できる」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBA Rakuten

ニューオーリンズ・ペリカンズは、11月下旬から泥沼の13連敗を喫し、開幕6勝22敗と大きく出遅れた。しかし、ここからドラフト全体1位指名のザイオン・ウィリアムソンを筆頭に故障者が復帰することで、2020年に入ってチームは上り調子に。リーグ中断前は28勝36敗と、借金16から8にまで減らしている。 ペリカンズ公式サイトは7月6日(日本時間7日)、リーグ再開を前にした司令塔ロンゾ・ボールが、オーランドでの集中開催について「完璧になることは何もない」と語ったと伝えた。 「これは今までにない新しいもので、まだ多くの疑問点が残っている。うまくいくかどうかは本当に分からない。ただ、チームメイトと会えて、少なくともチームとして勝利を目指せるのはハッピーだ」 ここまで平均12.4得点、7.0アシスト、6.2リバウンドを記録しているボールだが、中断前の4試合は平均21.3得点、7.5アシストと調子を上げていた。その点について本人も手応えを感じているという。 「ウイルスで全てが止まる前、良いプレイができていたと思う。僕だけでなく、チームとして中断前の状態を取り戻したい。チームは正しい方向に進んでいて、(プレイオフ最後の出場枠である)8位の座をつかみとれるチャンスはあると思っている」 ボール、ウィリアムソン、ブランドン・イングラム、ドリュー・ホリデー、JJ・レディック、デリック・フェイバーズといったベストメンバーが揃ったペリカンズは、再開シーズンの台風の目になれる可能性を秘めている。ボールは、「みんなが健康であれば、僕たちはどんな相手にも対抗できる」と自信をのぞかせた。 「万全なチームでオーランドに行けるのは素晴らしいことだ」

NBA Rakuten