Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

秋元康62歳に 「なぜ若い女の子に共感される歌詞が書ける?」に本人が語った確信

配信

文春オンライン

 きょう5月2日は、作詞家でプロデューサーの秋元康の62歳の誕生日である。言うまでもなく、40年近く第一線で活躍を続けるヒットメーカーだが、40代の筆者には彼に対してどうも肯定と否定とがないまぜとなったアンビバレントな思いがある。そういう同世代は案外多いのではないか。 【写真】80年代から今年まで秋元康が作詞・プロデュースしたヒット曲(全10枚)

「雨の西麻布」(85年)「川の流れのように」(89年)……秋元康はどこまで本気か?

 私がそんな思いを抱くのはまず、秋元の仕事には、どこまで本気でやっているのか計りかねることが多々あるからだ。何しろ、とんねるずの「雨の西麻布」(1985年)で演歌・歌謡曲のパロディをやったかと思えば、その数年後には、同じく作曲家の見岳章とのコンビで歌謡界の女王・美空ひばりの「川の流れのように」(1989年)を手がけているのだ。とんねるずにはその後、「情けねえ」(1991年)や「一番偉い人へ」(1992年)といったメッセージ色の濃い曲も提供しているが、これまた本気なのかパロディなのか受けとめかねてしまう。 「情けねえ」にはずばり《この世のすべてはパロディなのか?》という歌詞が出てくるが、これは秋元が自分自身に向けた問いかけにも読める。作詞も、テレビをはじめ各種の企画・プロデュースも、当人からすれば、自分のなかから湧き上がってきたものというよりは、すべて借り物だという意識もあるのかもしれない。実際、10年ほど前のインタビューで秋元は、自分の書く詞について《一貫性はないと思う。だって詩人じゃないから》ときっぱり口にしている(※1)。そのうえで、次のように語っていた。

もしも“AI美空ひばり”(19年)をなかにし礼や小椋佳が作っていたら……

《やっぱりプロデューサー的な資質のほうが高いですよ。プロデューサーとして、どういう歌を作るかってところから始まって、それから作詞家・秋元康に発注する感じ。この2つはもう、ハッキリ分離している。(中略)自分が阿久悠さんや松本隆さんみたいに芸術家的に評価されてないのは分かるけど、しょうがないんだよね。プロデューサーと作詞家を兼ねてるから。プロデューサーは常に客観を求められる立場だから、全くアーティスティックではない。鈴木敏夫さんがいるから宮崎駿さんがアーティストとして輝くわけだけど、僕は両方やっちゃってるから。画家と画商を兼ねてて、画商のほうが目立ってたら、誰も画家としてちゃんと評価してくれないですよ》(※1)  きわめて的確な分析だと思う。秋元康に否定的な人はおおかた、プロデューサーとしての彼の作為性を嫌っているはずだ。そういう人には、本人がさほど意識せずにやったことでも、計算ずくで仕掛けたものに見えてしまうのだろう。また、引用した自己分析にしてもそうだが、本人がすらすらと自分や作品について解説できてしまうところが、そんな“誤解”に輪をかける。昨年の紅白歌合戦の特別企画として「AI美空ひばり」を秋元がプロデュースしたときにも、故人への冒涜だなどといった批判が出たのは記憶に新しい。そうなるのも、プロデューサーとしての秋元の存在が必要以上に目立つことに一因があるのではないか。これがたとえば、彼ではなく、なかにし礼や小椋佳(いずれも美空ひばりに曲を提供したことがある)などもっと芸術家寄りのソングライターがかかわっていたのなら、もう少し反応は違っていた気がする。

【関連記事】