Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ランナーなら「スイカ」を食べるべき!? その4つの理由

配信

ウィメンズヘルス

ジューシーでサッパリとしたスイカほど、夏を感じる食べ物をはない。7月27日の「スイカの日」まで待ってみるのもいいけれど、定期的に食べるのが良いのだとか。これまでの研究結果によると、スイカには数々のメリットがある。でも、ランナーには特にオススメ。その理由を栄養士が教えてくれた。 【写真】スムージーはNG!? ワークアウト後の燃料補給にありがちな7つの過ち

スイカの栄養価

そのほとんど(正確に言うと約90%)が水でできているスイカは、サッパリしていて水分補給にもってこい。果糖は体が処理しやすいため、スイカ味のキャンディほど急激に血糖値を急上昇させたりしない。スイカには、免疫力を高めてくれるビタミンA、B6、C、こむら返り(筋けいれん)を防いでくれるカリウムもたっぷり。

スイカの健康効果

スイカの長所は甘くてサッパリしていることだけじゃない。このフルーツが健康に良いとされる4つの理由を見ていこう。

1.パフォーマンスを高める

酸素を効率的に使う能力(最大酸素摂取量)を高めれば、ランニングのパフォーマンスが向上が期待できる。「スイカにはビーツ同様、血流と酸素摂取量を増やす硝酸が含まれています」と説明するのは、マラソン選手でスポーツ栄養士のローリ・ネデス。定期的に摂取すれば、長距離ランやスプリントが少しラクになるかもしれない。

2.リカバリーを促進する

ネデスによると、グリコーゲンを補充するには、ランニング後の糖質補給が絶対不可欠。これには1食あたり糖質21gのスイカがピッタリ。ランニング後の糖質補給はリカバリーにも欠かせない。みずみずしいスイカなら、喉の渇きを悪化させることもない。少量のタンパク質(ギリシャヨーグルトなど)を加えれば、完璧なリカバリースナックになる。

3.痛みを和らげる

スイカの果汁には、L‐チトルリンというアミノ酸がたっぷり。農業・食品化学専門誌『The Journal of Agricultural and Food Chemistry』に掲載された論文によると、ランニング後にスイカジュースを飲めば筋肉痛が軽くなる。そのまま飲んでも、スムージーに加えてもいい。

【関連記事】