Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

糖質制限中でもファストフードOK!? マクドナルドやすき家で名医が薦めるメニュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FASHION BOX

健康意識の高い人は、ファストフード店にはあまり足を向けないかもしれません。しかしファストフード店は手早く食事をするには便利です。糖質制限中には行きにくいファストフード店も、サイドメニューを駆使すれば意外と使える、と高雄病院理事長の江部康二先生は言います。どのようなメニューがおすすめなのでしょうか?

ハンバーガーショップのチキンはおすすめ

ファストフード店といえば、ハンバーガーショップが思い浮かびますね。ハンバーガーショップの定番はハンバーガーにフライドポテトにジュース。これらは糖質が多いのでいずれもスルーしましょう。 ハンバーガーの代わりに頼みたいのが、フライドチキンやナゲットなどチキンを使ったメニュー。マクドナルドやモスバーガー、ケンタッキーフライドチキンをはじめとする有名店舗ではどこでも用意されています。それぞれの公式サイトにはメニューそれぞれに栄養成分表も表記されているので、参考にしたいものです。試しにチキンのメニューでそれぞれの炭水化物の量を見てみると、マクドナルドの「シャカチキ」は17.2グラム、モスバーガーの「モスチキン」は 18.4グラム、ケンタッキーフライドチキンの「骨なしケンタッキー」は11グラムとなっています。

フライドポテトの代わりにサラダを注文

フライドポテトの代わりに頼みたいのはサラダです。サラダは葉物野菜を使ったものを選ぶようにして、糖質の高いコーンサラダは控えます。ジュースに関しては糖質ゼロのコーラはOKですが、それ以外はNG。飲むとしたらブラックコーヒーかストレートの紅茶、ウーロン茶、ミネラルウォーターなどにしましょう。

牛丼店でも糖質制限の食事ができる

牛丼も使い勝手のいいファストフードです。牛丼やカレーライスはご飯を使っているのでパスするとして、ここでは一汁四菜が基本形。汁物はみそ汁にして、メインのおかずは具材だけを皿にのせた「牛皿」を。カロリー不足にならないように大盛りにするか2皿頼むのがおすすめです。 ほかのおかずとしては焼サケやゆで卵、冷や奴、野菜サラダ、お漬物などサイドメニューから選ぶようにしましょう。私のお気に入りはすき家の「牛丼ライト」。ご飯の代わりに豆腐が使われている糖質制限メニューです。

【関連記事】