Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クライミング五輪代表・楢崎智&野口啓代 1年後の五輪へAIでさらに進化

配信

デイリースポーツ

 スポーツクライミングで東京五輪代表に内定している野口啓代(31)と楢崎智亜(24)=ともにTEAM au=が22日、オンライン取材に応じた。  新型コロナウイルスの影響により、来夏に延期された東京五輪まで23日であと1年。五輪で現役を引退する野口は「本当だったらあと2週間で現役生活は終わりだった。いただいた1年間でどれだけ強くなれるか」と前向きに話し、世界王者の楢崎も「今年やりたい気持ちもあったが、延期は自分を見つめ直すいい機会になった。また強くなって挑める。延期になっても金メダルを獲る」と、自信をみなぎらせた。  今春に茨城県龍ケ崎市にある野口の実家に3種目の壁を揃えた練習施設が完成。今後は野口、楢崎らの拠点になる。auの5G技術を用いたAIによる動作解析も可能で、楢崎は「世界的にみても素晴らしい施設」と、語った。

【関連記事】