Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自宅でオンライン授業「途端に部屋を掃除したくなる」 ある学生の本音 テストや進級で先生に注文も

配信

福井新聞ONLINE

皆さん、こんにちは!私は、高専に通っている学生の一人です。最近テレビを付けると、毎日コロナウイルスのニュースが流れていますよね。外出自粛、五輪延期、東京アラート…私自身もコロナウイルスの影響を受け、色んなことが変わりました。友達との旅行の予定はキャンセルになり、アルバイトへ行く日数も少なくなってしまいました。その中でも身の回りの1番の変化は、学校へ登校せず、自宅でオンライン授業を受けていることです。大学だけに限らず、もちろん高専でもオンライン授業は行われています。そこで今回は、私がオンライン授業を受けて感じたメリット・デメリットについてお話しします。学生の取り巻く現状を少しでも知っていただけたらと思います。 ○オンライン授業のメリット  まず、オンライン授業にはリアルタイム型、オンデマンド型、資料提示型の3つのやり方があります。私の通っている高専では、リアルタイム型が5割、オンデマンド型が5割の、半々の割合で授業を行います。資料提示型の授業はほとんどありません。また、リアルタイム型の授業では、音声はミュート、ビデオもオフの状態で授業を受けるのが基本です(これは学校によって違うかもしれません)。 授業をオンラインで受けると、大体の場合パワーポイントで説明をしてくれます。更に、授業で使用したパワーポイントは配布してくれることがほとんどです。結果として、「黒板を消されてしまうからノートを取らなきゃ!」というようなことが無くなります。「ノートを書いていて聞いてなかった…」という失敗が無くなることは、メリットの一つだと感じました。 また、リアルタイム型の授業では、先生にこちらの様子は何一つ伝わりません。なので、こちらで何をしていても先生にはわからない状態です。まだ終わっていない課題があれば、授業を流しておきながら別の課題に取り組むこともできます。私たちのクラスでは、授業中にクラスのグループラインが動き、「やばい!授業遅れて入ったんやけど、なんか大事なこと言っていた??」というメッセージが流れてきます。実はこのようなことは日常茶飯事です。笑 私たち生徒側からしたら、これはメリットでしかないのですが、先生側からしたらデメリットかもしれません。 ○オンライン授業のデメリット なんといっても、学校よりも授業に集中しにくいことです。自分の部屋で授業を受けると、近くにあるものに気を取られてしまいます。私の場合、授業を受けているとなぜか途端に部屋を掃除したくなる衝動に駆られて、授業を聞きながら片付けをしていたはずが、片付けだけに集中してしまったことがあります。このように、自分の目で見える範囲に私物があると集中が散ってしまうことがデメリットだと感じました。 また、オンライン授業に変わってから、連絡のやり取りが難しくなりました。アプリケーションを通して全ての連絡を取りますが、生徒側も先生側もそのアプリケーションに慣れていないため、通知が来なくて授業があることに気づかなかったり、授業が中々開始されないと思ったら、授業中止の連絡が届いていなかったりということもあります。最近では慣れてきましたが、それまではとてもやり辛く感じました。 ○オンライン授業に対する学生側の不満や不安 友達とオンライン授業について話をすることがありますが、意外とオンライン授業について不満を持っている人はいません。それよりも、「オンラインで授業受けているけど、テストってどうなるのだろう…」「研究出来ていないけれど、これでも学位もらえるのかな?」などといった不安を抱いている人がほとんどです。コロナウイルスの状況によって対応が変わるため仕方がないことだとは思いますが、これからの予定が何も分からず、今出された課題を淡々とこなす毎日。少しでもテストや進級、学位取得に対する話をして頂けたら、生徒の不安も少なくなり、今以上の気力でやるべきことに向き合えるのではないかな?と思います。 ○オンライン授業もいいけれど… オンライン授業には説明したようなメリット・デメリットがありますが、3ヶ月間の期間を経て、段々とオンライン授業に慣れてきています。私自身、集中しにくい、やりとりが難しいといったデメリットへの対策もできるようになってきました。今では、オンライン授業の方がやりやすいと感じる部分も多いです。しかし、どうしてもオンライン授業で慣れないことが一つあります。それは、友達に直接会えずに授業を受けることです。毎日顔を合わせ、たわいもない会話をしながら授業を受けていたことは当たり前ではなく、とても幸せなことだったのだと実感しています。オンライン授業もいいですが、友達と横に並んで一緒に授業を受けることのできる日が一日でも早く来ることを私は願っています。

福井新聞社

【関連記事】