Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【佐賀ヴィーナスカップ予想】牡馬相手に善戦のハッピーハッピー、連覇狙う。相手は混戦模様か/NARレース展望

配信

netkeiba.com

 5月24日、佐賀競馬場で重賞・佐賀ヴィーナスカップ(1400m)が行われる。世代別牝馬重賞シリーズ「グランダム・ジャパン(GDJ)2020」古馬シーズンの開幕戦に大井から2頭、笠松1頭、兵庫2頭の遠征馬を迎えて12頭立てで行われる。  中心は昨年覇者の地元馬・ハッピーハッピー。年末には牡馬相手に重賞・中島記念で3着など、実力の持ち主だ。前走は2着に敗れているものの、勝ったドラゴンゲートは佐賀移籍後、重賞2勝を含む無敗の9連勝を挙げる馬。強豪牡馬を相手に直線も食らいついて1馬身差の2着は改めてハッピーハッピーの強さを感じる。  相手候補はやや混戦。ナンヨーオボロヅキ(大井)は高知時代に重賞3勝を挙げ、とりわけ地方全国交流の高知優駿で御神本訓史騎手を鞍上に迎えての完勝劇は記憶に残る。高知優駿は1900mだが、当時からスピード型と言われていた馬。1400mは適しているだろうし、「キングシャーク」の異名を持つ鮫島克也騎手とのコンビも楽しみだ。  ジャングルキッドはJRA未勝利から昨秋、佐賀に移籍して無敗の9連勝中。逃げた前走は直線でさらに後続とのリードを広げての勝利だった。不良馬場ではあったが1400mで1分27秒3も好時計。初の重賞挑戦となるが、底を見せない強さに魅力を感じる。  また、スターレーン(兵庫)は重賞こそ1勝だが、2着は6回もある馬。3走前にはマイタイザンが16年ぶりにレコードを更新したレースで3着。ここでも上位争いに加われそう。  ジェッシージェニー(大井)は2走前が3カ月半ぶり、前走も4カ月ぶりではあったが、昨年のGDJで2勝を挙げて古馬シーズン2位の実績馬。その2勝はともに追い込んでのものだった。そこまで極端な位置取りではなくとも、先行馬が多い今回、しまいを生かせる展開になれば期待がもてる。さらに、地元馬で重賞1勝のエリザベスセーラも気になる存在。  佐賀ヴィーナスCは5月24日佐賀10レース、18時00分発走予定。 (文:大恵陽子)

【関連記事】