Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

auがApple Watchに独自番号を割り振る「ウォッチナンバー」を9月17日から提供 月額350円(税別)から利用できる「移行キャンペーン」も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia Mobile

 KDDIと沖縄セルラー電話は9月17日から、iPhoneとApple Watchで別々の電話番号を割り振るサービス「ウォッチナンバー」を提供する。その開始を記念して、「ナンバーシェア」から移行すると移行翌月から12カ月間の月額料金を1630円(税別、以下同)割り引く「ナンバーシェアからの移行キャンペーン」を開催する。

ウォッチナンバーについて

 先述の通り、ウォッチナンバーを契約するとiPhoneとApple Watchで別々の電話番号を割り振ることができる。  Apple Watch側で契約できるのは4G LTEスマートフォン向けの「ピタットプラン 4G LTE(旧・新auピタットプランN)」で、月額料金は月間通信量によって以下の通り変動する(「2年契約N」適用時は170円引き)。 ・~1GB:3150円 ・~4GB:4650円 ・~7GB:6150円

ナンバーシェアからの移行キャンペーン(終了時期未定)

 今回のキャンペーンでは、iPhoneと同一電話番号を契約するナンバーシェアを利用しているユーザーがウォッチナンバーに移行した場合に、月額料金を12カ月間1630円割り引く。移行の際に、ナンバーシェアを利用していたスマートフォン回線と同一「家族割プラス」または「家族割」へ加入することが条件となる。ただし、ナンバーシェアを利用する電話番号をMNPで転入する場合は対象外だ。

ITmedia Mobile

【関連記事】