Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

打者の長打力の評価指標IsoPとは!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Baseball Geeks

チームが多くの得点を重ねるためには、長打力のある選手の存在は非常に重要である。このように、普段当たり前のように「長打力」という言葉を用いる。しかし、そもそも長打力とは何なのか、どのようにして長打力を評価することが適切なのであろうか。 今回は、打者の純粋な長打力を評価する「IsoP」という指標について、プロ野球のデータをもとに紹介していく。

IsoPは打者の「純粋な長打力」を示す

【長打率は単打を打つことでも高くなる?】 従来、打者の長打力を評価する指標として長打率が用いられてきた。この指標は1打数あたりの塁打数の平均値を示しており、以下の計算式で求められる。 長打率 = 塁打数 ÷ 打数 ただし、この指標は「長打力」を測る上では問題点がある。塁打数の計算に単打が含まれているということだ。つまり、長打率は単打を打つことでも上昇してしまう。 例えば、100打数で40本の単打を打った選手と100打数で10本の本塁打を打った選手の長打率はともに0.400となる。これでは、打者の本当の長打力を評価できているとは言い難い。 【IsoPは打者の純粋な長打力を評価!】 そこで、より正確に打者の長打力を評価するIsoP(ISOとも呼ばれる)を紹介する。IsoPとはIsolated Powerの略で、打者の「純粋な長打力」を示すセイバーメトリクス指標だ。算出の計算式は以下の通りである。 IsoP = 長打率 - 打率 IsoPを最も簡単に説明すると長打率と打率の差分であり、「単打=0、二塁打=1、三塁打=2、本塁打=3」として計算している。そのため、以下の式でも表現することができる。 IsoP = ( 二塁打 × 1 + 三塁打 × 2 + 本塁打 × 3 ) ÷ 打数 長打率と違うのは、IsoPでは単打を評価の対象にしていないということだ。二塁打・三塁打・本塁打のみを評価した指標、つまり、IsoPは打者の純粋な長打力を評価しているといえる。

【関連記事】