Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「急に政府とかの一言で…」受験や部活等“振り回され続ける高3” 緊急リモート座談会でホンネ爆発

配信

CBCテレビ

【6人の高校3年生がホンネ爆発】

 新型コロナウイルスの感染拡大で、すっかり変わってしまった高校生活…。  大会は軒並み中止に追い込まれ、突如降って湧いた、9月入学議論。しかし、そこに当事者達の姿は見えません。  そこで今回、東海3県の高校に通う3年生がリモートで集結。不安だらけの休校生活から受験の悩み、そして大人への不満まで高校3年生のホンネが爆発です。  この座談会のため、初めてリモートで顔を合わせたのは6人。愛知県立津島高校の陸上部・こゆきさんと、ハンドボール部・しょうくん、岐阜県立岐阜商業高校・国際コミュニケーション科のさきさん、岐阜女子高校・バスケ部のゆずはさん、名古屋国際高校・茶道部のななかさん、そして三重県立四日市中央工業高校・サッカー部のゆうまくんです。  教育社会学者で名古屋大学大学院の内田良准教授とともに、座談会スタートです。

【休校期間中も授業の動画配信が…】

 まずは約3カ月にわたって続いた『臨時休校』について。名古屋国際高校・ななかさんは休校中も規則正しい生活を送っていたようで…。 名古屋国際・ななかさん: 「学校でオンライン授業が始まったので、制服を毎日着て、ほとんど学校に行ってるのと変わらない状態でした」 内田准教授: 「それは朝から晩まで、1限から6限まで全部オンラインであるんですか?」 名古屋国際・ななかさん: 「そうですね。通常通りの時間割りで進みます」

 何と体育の授業まで、完全にオンラインで行っていた名古屋国際高校。また、座談会メンバーの中では、さきさんの通う県岐商と、ゆうまくんの通う四中工でも毎日複数の授業がオンラインで行われました。

津島・こゆきさん: 「津島高校では授業ごとに動画を出されて、それを見ます。1日1個出されるとは限らず、まとめて出される時もあります。(配信のため)生でのやりとりは出来ないです」 岐阜女子・ゆずはさん: 「岐阜女子も配信で、オンライン授業はうらやましい所もあるんですけど、インターネット環境が通っていない人のことを考えると、配信の方がいいのかなと思います」 内田准教授: 「ゆずはさん、教育学部に来て欲しいくらい、しっかりした考えをお持ちですね。教育はみんなに同じものを提供しなきゃいけない。これが一番大事な使命なんです」

【関連記事】