Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「私たちはどうかしている」心揺れる横浜流星“椿”…浜辺美波“七桜”の正体発覚で決断を下す

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

老舗和菓子店・光月庵を舞台に、和菓子職人の七桜(浜辺美波)と跡取息子・椿(横浜流星)の思惑と恋愛模様が絡み合っていくドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)。9月16日に放送される第6話では、ついに七桜が「私は『さくら』です」と告白、それを椿が聞いてしまう。七桜を信じたいと必死で疑念を振り払ってきた椿が決断を下す。 【写真を見る】花束を抱く椿(横浜流星) ■ 「もしお前が“さくら”なら…」 安藤なつみによる同名漫画を原作に、浜辺美波と横浜流星のW主演で送る本作。 15年前、当主殺害事件が発生した光月庵。事件によって椿は“被害者の息子”、七桜は“容疑者の娘”となり、2人は引き離された。今でも当時“さくら”と呼ばれていた少女を憎む様子の椿に、七桜は本当のことを打ち明けられずにいた。 いつの間にか七桜は、椿を愛し、失いたくないと思うようになっていた。お腹にはすでに、椿の子どもも…。だが、自分が“さくら”だと明かせば、椿を失うことになる。「妊娠は隠せない、でも正体は明かせない…」。七桜の葛藤は深まっていた。 そして第6話では、七桜がついに「私は『さくら』です」と今日子に宣言するが、その言葉を椿に聞かれてしまう。そんな中、屋敷で火災が発生する。 一方、椿も七桜に想いを寄せるようになっていた。第3話では「たぶん俺は、あんたに惹かれてる。ひとりの女として…」と素直な思いを明かした椿。だが、「でももしお前が“さくら”なら、この気持ちを殺さなきゃいけない」とも。“さくら”に対する椿の思いは、氷のように冷たい。 椿は、嘘をつけば地獄に落ちるという掛け軸「不妄語戒」の前で「私は花岡七桜です。“さくら”じゃありません」と微笑んで見せた七桜を必死で信じてきた。それがうそとわかったとき、椿は決断を下す。 演じる横浜は、序盤の“俺様”系御曹司から七桜に恋に落ちていく過程を丁寧に演じてきた。第5話では、別人かと思うほどの優しい微笑みで七桜の髪をなで、「お前が好きだ」と思いを伝えた。その眼差しには、愛おしさがあふれる。 椿の思いが深まれば深まるほど、七桜のうそは罪深いものになっていく。“第一部・終幕”と銘打たれた第6話。後半では、老舗・光月庵が火事に見舞われることに…。互いに惹かれ合う七桜と椿に、決断の時が迫る。 (ザテレビジョン)

【関連記事】