Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ危機を売名に利用するテロ組織の欺瞞

配信

ニューズウィーク日本版

<世界各地の反政府組織はコロナ禍を利用して、自らを正当化し政府を批判するが、被害を受けるのは支配地域の住民だ>

アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンがネット上で珍しい動画を公開した。よくある戦闘員の「勇姿」ではなく、マスクを着けた彼らが住民の家を訪れ、体温の測定や消毒液の配布をしている姿だ。英語のナレーションによれば、タリバンは既に新型コロナウイルスの爆発的な感染を抑え込んでおり、感染予防の情報班を結成し、診療所や隔離施設も用意している。 【動画】爆笑リモートワーク失敗集 それだけではない。タリバンは中東地域で最も感染者の多いイランからの帰国者に対し、2週間の自宅待機を命じていた。まだアフガニスタン政府が、毎日1万5000人も通過する対イラン国境でほとんど何の規制も行っていなかった時期の話である。 反政府勢力が体制側の弱みや危機に付け込むのは毎度のこと。テロ対策の専門家デービッド・キルカランに言わせれば、危機対応で政府より少しでもマシなように見せることができれば、彼らは自らの正統性をアピールできる。実態はどうでもいい。大事なのは「見せ掛け」だ。 ちなみにニューヨーク・タイムズ紙によれば、タリバンはアフガニスタン東部のナンガルハル州で報道陣を集め、防護服姿のスタッフが非接触式体温計を使って検温する様子を公開したが、よく見るとその体温計はプラスチックと木材を組み合わせただけの偽物だったという。 各地の武装勢力が新型コロナウイルスの対策に乗り出したとか、このパンデミック(世界的な大流行)を利用して、宣伝攻勢を強めているといった報道は山ほどある。コロンビアの民族解放軍(ELN)は支配地域のロックダウン(都市封鎖)を発表。住民が「感染症対策の命令を尊重しない」場合は「命を守るために彼らを殺さざるを得ない」こともあると警告し、民間人に対する虐待を正当化している。 <実際の対応能力はない> ソマリアの反政府組織アルシャバブやイエメンのシーア派武装組織のホーシー派は、ウイルスの感染拡大は政府の責任だと非難している。今なお「イスラム国」を自称する過激派組織ISは、手洗いの奨励と感染予防に関するシャリーア(イスラム法)指令を出した。 メキシコでは麻薬カルテルが住民に医薬品を配布する映像が出回っている。エルサルバドルのギャング、MS-13は夜間外出禁止令を出し、リオデジャネイロのスラム街を実効支配するギャングが「政府が無能なら自分たちが問題を解決する」と宣言している。

【関連記事】