Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オウンドメディアのCMS、選び方のポイントは何か?はてなの磯和太郎氏に訊いてみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

オウンドメディアのCMSには何を使えば良いのか? そもそもどういうポイントを考慮して選べば良いのか? オウンドメディアの運用についていろいろな企業に取材する本連載。今回は、はてなに相談に来るWeb担当者や情シス担当者が何を気にしているのか。企業向けCMSである「はてなブログMedia」を提供するはてなの磯和氏に、編集部が訊いてみた。◎撮影: 永友ヒロミ  

まずは目的を達成できるかどうか

――はてなにオウンドメディアについて相談に来る方は、これからオウンドメディアを始めようとする方、すでに始めていて乗り換える方とどちらが多いですか? 磯和: 新規で始める方が約8割、他CMSからの乗り換えが約2割ですね。相談に来る方の検討の対立候補としてはほとんどがWordPressです。 ――オウンドメディアで実現したいことは、CMSの選定にあたってどの程度影響しますか? 磯和: かなり影響しますよ。「オウンドメディアで何を実現したいか」がCMS選定ではもっとも重要なので、まずは目的を確認しています。そのうえで、その目的を果たすにあたって、はてなブログMediaが最適なのか、必要な機能を実現できるかどうかをお答えしています。 たとえば、ECサイト内のオウンドメディアで商品紹介から売り上げにつなげるという目的があるとします。ECサイトと連携して記事に関連する商品を表示して購入できるようにしたいのであれば、どうすればそれを実現できるのか。緊密な連携が必要であればフルスクラッチやそれに近い開発が可能なCMSが必要になるでしょう。会員コミュニティを作ってエンゲージメントを深めたい、という目的ならば、独自の会員管理機能、ログイン機能などがあるほうが望ましいと考えますが、その場合は、はてなブログMediaではなく、そうしたニーズに特化したシステムのほうがおすすめなので、そのようにお伝えしています。 ――はてなブログMediaを始めたい、という方にどんなことを確認しますか? 磯和: やはり達成したいゴールとKPIですね。そのために必要なことが、はてなブログMediaで設計できそうかを確認します。そしてもう一つ、経営陣も含めてそのゴールに対して合意ができているか、を聞いています。オウンドメディアは長期的な取り組みなので、現場の熱意、チームでの合意も大切ですが、経営レベルでのサポートがあることが非常に重要なのです。その上で、はてなブログMediaがそのゴールやKPIの達成に貢献できるか、設計に落とせるのか、という点も確認させてもらっています。 運用においても、経営陣が関与するか、経営陣に近い現場の担当者がメンバーに入っていると進めやすくなります。予算獲得にもつながりますし、手厚い体制を作れるかどうかにも影響します。反対に、担当者1人に丸投げという状況は、続かなくなってしまうことが多いので、経営陣が関与するように説得することもあります。