Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

夢を追う人、支える人。忘れられない恋を描く映画『劇場』の裏話を行定 勲監督が明かす

配信

J-WAVE NEWS

又吉直樹の原作の映画『劇場』が、7月17日(金)から全国で劇場公開を迎えると同時に、Amazon Prime Videoにて配信される。日本初の試みとして話題だ。 【動画】映画『劇場』予告編はこちら 同作の監督である行定 勲が7月2日(木)、別所哲也がナビゲーターを務める『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』のワンコーナー「MORNING INSIGHT」に登場。監督を務めることになった経緯や、劇場公開と配信を同時に行う理由などを語った。

「ネット配信をしたものは映画なのか?」考える日々

行定監督は、映画『GO』『世界の中心で、愛をさけぶ』など、数々のヒット作と舞台演出を手掛けてきた。そんな行定監督に、外出自粛期間中はどのようにすごしていたのかを尋ねた。 行定:映画の新作の公開が2作、4月17日と6月5日にありましたが、両方とも延期になるような状態だから。コロナうつじゃないですけど、初めてうつっぽい感覚があって「どうにもならないな、映画でも作るか」となって、リモート作品を2作ったら、意外と忙しくなっちゃって(笑)。 別所:なにもしないじゃなくて「なにかやろうよ、やれるはず、やっちゃおうか」というので、動き出したというのが監督の行動力でもあると思います。実はそういう流れも含めて、私たちは「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」の「Withコロナ&Afterコロナの映画業界を考えるオンライントークセッション」でも、6月4日にご一緒させていただきました。ありがとうございます。 行定:楽しかったですね。 別所:本当に刺激的で。これからの映画の未来というか、映画のあり方みたいなことを考える時間を与えられましたよね。 行定:どうしても、「ネット配信をしたものは映画なのか?」と。劇場のスクリーンで観ないと映画じゃないみたいな定義、概念が自分のなかにもあったんですよ。でも、映画館で上映される、スクリーンにかかるということは奇跡的なこと、特別なことなんだなと。配信は世界中の人が一気に観られるわけじゃないですか。それってまたすごく奇跡的なことというか、考えさせられる2ヵ月間でしたね。 別所:本当の意味でなにがシネマなのか、映画なのかという。(映画館で上映されている事実よりも)作品そのものの作品性みたいなことがより問われるし、より受け止める側も(考えるようになりました)ね。 行定:誰が映画って決めるかと言ったら、僕はわかったんですよ。作っている人間が映画だと思ったら映画ですね(笑)。 別所:(笑)。 行定:「これは映画なんだ」って言い続けられるかどうかって、自分も含めてそうですね。どうしても「映画と言うには……」というのは映画と言ってはダメなんだろうけど、「俺は映画と思って作っています」と。ただ、どこで公開をしたか、どのタイミングで世の中に発表したか、それが違うだけ。 別所:かつて「劇場公開用映画」「Vシネマ」「テレビ映画」とあって、えっと、映画って?と、いろいろなことを考えさせられた。ただ、その言葉遊びというかジャンルの作り方そのものが、これから変わっていくのかもしれないですね。

【関連記事】