Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神・青柳に援護なし「走者をためたのが反省点」6回1失点も初黒星

配信

サンケイスポーツ

 粘投していた阪神・青柳がマウンドで悔しそうな表情を浮かべた。30日の中日戦(ナゴヤドーム)。0-0の六回2死一、二塁、阿部に投じたツーシームを右前に運ばれた。6回1失点に抑えても援護なし。初黒星を喫したサイド右腕はうなだれた。  「試合の入りは良かったのですが、自分自身のミスを含め、走者をためてしまったのは反省点です」  今季初登板だった6月23日のヤクルト戦(神宮)は七回途中1安打無失点の好投。チームの連敗を「3」で止めた。  開幕から9試合。これが阪神の先発陣が挙げた唯一の白星だった。先発投手が五回をもたずに降板したのが4試合もある。中継ぎ投手の負担軽減のためにも、長いイニングを投げて勝つことをテーマに掲げた。  「カードの頭を任されている以上、長いイニングを投げなければいけない責任感がある。(中日は)いい打者が多く、一発もあるチーム。丁寧に投げていきたい」  ピンチは招いたが、五回まで得点は許さなかった。三回。先頭・京田の投手正面へのゴロを処理し、一塁へバウンドさせて送球。これがツーバウンドとなってセーフ(記録は内野安打)にしてしまう。ここから2死一、二塁のピンチを招いたが、平田をスライダーでバットの空を切らせた。四回は1死一塁で、高橋をツーシームで一ゴロ併殺。迎えた五回、安打と死球で招いた無死一、二塁のピンチもしのいだ。6回1失点と最少失点に抑えたが、無援に泣いた。  2番手・能見が七回につかまり、アルモンテに満塁被弾と炎上。開幕10試合を終え、2勝8敗の惨状だ。

【関連記事】