Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「LAN DISK」シリーズのリモート初期設定サービス付きモデルが登場

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

 株式会社アイ・オー・データ機器は、「LAN DISK」シリーズの新製品として、リモート初期設定サービス付きモデルを販売する。発売時期は、2.5GBASE-T対応で2ベイの「HDL2-AAX2W/RM」と「HDL2-AAX4W/RM」が10月下旬、10GBASE-T対応で2ベイの「HDL2-XA2/RM」と「HDL2-XA4/RM」、10GBASE-T対応で4ベイの「HDL4-XA4/RM」と「HDL4-XA8/RM」が11月上旬。 【この記事に関する別の画像を見る】  市場想定価格は、2TBのHDL2-AAX2W/RMが6万1200円、4TBのHDL2-AAX4W/RMが6万9000円、2TBのHDL2-XA2/RMが10万9000円、4TBのHDL2-XA2/RMが12万4000円、4TBのHDL4-XA4/RMが15万円、8TBのHDL4-XA8/RMが16万4000円(いずれも税別)。  リモート初期設定サービスでは、専門スタッフが遠隔からの対象NASの初期設定を実施。リプレイスの場合、古いNASからのデータ移行も行う。本体の機能は、以前から発売されている同サービスが付かない「HDL2-AAX2W」「HDL2-AAX4W」「HDL2-XA2」「HDL2-XA4」「HDL4-XA4」「HDL4-XA8」の各モデルとそれぞれ同様。  本体サイズ(幅×奥行×高さ)および重量は、HDL2-AAXW/RMとHDL2-AAX4W/RMが約83×144×185mmで1.8kg、HDL2-XA2/RMとHDL2-XA2/RMが約101×210×160mmで2.5kg、HDL4-XA4/RMとHDL4-XA8/RMが約163×210×160mmで4.1kg。

INTERNET Watch,岩本 理夢

【関連記事】