Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

こんなことする人いない! J2大宮の熱狂サポ男性、ビルをオレンジ色に塗る 「J2大宮の聖地・志木」で

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 「大宮アルディージャの聖地・志木!」―。埼玉県志木市上宗岡の精肉店「マルシンミート」の青柳辰雄会長(74)が、同店隣の自社ビル3階部分に熱烈な“大宮愛”と“志木愛”を書き記した。ビル自体もチームのクラブカラーであるオレンジ色に塗装し、「こんなことする人はなかなかいないと思う」と、完成したビルを見てとてもうれしそうだ。 走る犯人、追う警官 近くの高2が警官に自転車貸すも…走って追い付き犯人確保 県警が表彰、高2の正体は  ビルから北へ750メートルほど離れたところには、チームのアカデミーの選手らが使うクラブハウスや、そばの荒川河川敷にはグラウンドがある。現在トップチームの施設はさいたま市西区にあるが、施設ができる前はこのクラブハウスやグラウンドで練習していた。  15年くらい前、3階建ての店の建物を緑色からオレンジ色にした。今回は退色などがあることから再塗装することにし、隣のビルもアイボリー色からオレンジ色にしてチームと志木を応援する気持ちを表現することにした。  言葉は長過ぎず、分かりやすいものを選んだ。候補はいくつかあり、数人と相談した。店はチームの後援会の法人会員であることから、球団に連絡もした。青柳さんによると「ロゴマークなどを使用しなければ自由でいいです」という内容の返事があったという。  ビル前のクリーニング店の店主(70歳代)は「派手だと思ったけど慣れるといいものですね」と笑顔で話す。青柳さんは開いたイベントに選手を招いたこともある熱狂的なサポーター。「いつでも大宮と志木のPRのことを考えているよ!」と、どこまでも明るかった。

【関連記事】