Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

面倒くさい緑内障治療「毎日必ず目薬を…」から解放される方法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

次第に視野が欠け、失明へと至る病気「緑内障(りょくないしょう)」。主に目薬を使って進行を抑えつつ、一生つきあっていかなくてはなりません。たかが目薬と思うかもしれませんが、習慣的に行うとなると大変です。しかし、実はもっと楽で安全な治療法もあるのです。年間1500件の白内障手術を手掛けるスゴ腕ドクター佐藤香氏が解説する本連載。今回のテーマは「iStent(アイステント)」です。※本記事は、アイケアクリニック院長の佐藤香氏の語り下ろしによるものです。

極小インプラントを入れ、眼圧を持続的に下げる手術

以前紹介した記事 『徐々に視界が欠け、失明…恐怖の病・緑内障が「実は治る」ワケ』 では、「治療で治る緑内障 Part1」として、白内障手術の眼内レンズを使用した治療法をお話しました。本記事はそのPart2として「iStent(アイステント)」を使った治療法を紹介します。 「iStent(アイステント)」とは、長さがわずか1mm程度の、非常に小さなインプラントです(写真:iStent〔アイステント〕参照)。この人工物をどのように使うのか、また、どのような効果があるのかをお話していきましょう。 緑内障とは、目の中にあるお水のバランスが悪くなることにより、モノを見るのに大切な神経がダメージを受けてしまい、視野が周辺から徐々に欠けていく病気です。 お水のバランスこそが「眼圧」と言われるもので、これを下げることにより目の神経を守ることができるのですが、その手術に必要となるのがアイステントなんです。 アイステントを目の「線維柱帯」と呼ばれるところに入れると、お水の流れがよくなり、眼圧を持続的に下げられるという画期的な治療法です。 アイステントは普通、白内障手術と同時に行われます。白内障手術そのものは5分~10分程度で終わりますが、同時にアイステントを入れたとしても2、3分しかかかりません。短時間で終わりますし、痛みもないので、患者さんにとって負担なく受けられる治療法となります。

【関連記事】