Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

不安な状態を解消…中学校の臨時教諭、覚醒剤使用で懲戒処分 交番に出頭、自ら使用認める/さいたま市教委

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 さいたま市教育委員会は29日、自宅で覚醒剤を使用したとして、市立中学校の臨時教諭(33)=埼玉県川口市=を地方公務員法に基づいて免職の懲戒処分にした。指導監督を怠ったとして、同校の男性校長(59)を文書訓告の内部処分にした。 女子中学生に淫行、容疑で教諭逮捕 父や友人と飲食店に来た女子中学生に声掛け…ホテルへ 父「娘いない」

 市教委教職員人事課と浦和署によると、臨時教諭は今月15日、同署管内の交番に出頭し、覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された。自ら使用を認め、市教委の調査に「6月から興味本位や不安な状態を解消できると思い、7回程度使用した。インターネットで購入した。生徒や保護者、同僚に大変申し訳ない」と話しているという。

【関連記事】