Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】大谷翔平、地面スレスレを拾う芸術的1号 “変態打ち”に米仰天「ゴルフスイングだ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

見逃せばボールの低めカーブをすくいあげ右中間スタンドへ

 エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地マリナーズ戦で「4番・DH」で先発出場。今季初の4番に座ると、4回の第2打席で今季初本塁打を放った。エンゼルスが動画付きで速報。米ファンからは驚きの声が続々と上がっている。 【動画】まるでゴルフのよう!? 追い込まれてからの地面すれすれカーブをすくいあげる、大谷の今季1号の実際の映像  ついに大谷のバットから一発が生まれた。4回無死一、二塁で迎えた第2打席。2ストライクと追い込まれての右腕・ダンの3球目だ。見逃せば完全にボール球。低めへというよりも、地面すれすれまで沈む80マイル(約130キロ)カーブを見事にすくいあげた。  快音を残した打球はぐんぐん伸び右翼席へ着弾。待望の今季第1号。メジャー通算41号弾は、飛距離402フィート(約122.5メートル)だった。  エンゼルスは「ゴルフ場のショウヘイ」と驚きを記し、動画付きで速報。米ファンからは歓喜の声が上がっている。 「彼は戻ってきた」 「なんというモンスター」 「ゴルフスイングだ」 「素晴らしい」 「パワーを与えられたイチローのよう」 「ビッグ・フライ・オオタニサン!」 「よくやった、オオタニサン!」  試合前まで今季は14打数2安打、打率.143と苦しんでいた大谷。久しぶりの快音に現地は沸き立っている。

THE ANSWER編集部

【関連記事】