Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

内部からも出た“検察暴走”批判:戦後初期、内閣が倒れた二つの疑獄事件(7)

配信

nippon.com

斉藤 勝久

通算7年の長期政権が倒れる発端となった造船疑獄事件。しかし、裁判に入ると、無罪判決が目立った。政治資金規正法違反に問われた佐藤栄作・前自由党幹事長は、国連加盟の恩赦で免訴になり、裁判は打ち切りとなる。その佐藤が指揮権発動で逮捕を免れた汚職事件も、当時の証拠では有罪証明は難しかったと捜査検事は見ていた。政権の中枢に切り込んだ捜査は一転して、政界だけでなく検察内部からも、暴走気味だった批判されることになる。

政敵の置き土産、恩赦で救われた佐藤栄作氏

第5次吉田茂内閣が総辞職する1週間前の1954年11月30日、佐藤前幹事長は主任弁護人の松阪広政元法相、「昭電疑獄」を捜査指揮した福井盛太・前検事総長ら大物弁護士と共に、東京地裁での初公判に出廷した。 佐藤の起訴事実は、自由党本部の会計責任者と共謀し、53年に船主協会、造船工業会など5団体・会社からの寄付計5500万円(現在の貨幣価値で約11億円)を党の会計帳簿に記載せず、一部は虚偽の記入をしたというもの。公判で証人として出廷した海運会社の社長は、佐藤に渡したのは党への「政治献金」だと述べ、賄賂ではないと主張した。 2年間に60回の公判が続いていたが、56年12月19日、国連加盟の日に恩赦が行われた。選挙違反や政治資金規正法違反など政治活動に関係のある違反者が対象で、佐藤は免訴となり、裁判が判決の出る前に打ち切られる。恩師の吉田を倒した鳩山一郎首相が内閣総辞職して退く前日のことで、佐藤は皮肉にも、政敵の“置き土産”に救われた。 指揮権発動と恩赦という二度の強運に恵まれた佐藤は日記に、「国連加盟実現し大赦令(恩赦)発せられ、政治資金規制令(規正法)並びに選挙違反きえる」と書いた。佐藤はそれから4年間、日記を書かなかった。最後の「きえる」の3文字から、佐藤にとって、あの事件から解放されたことが、いかに特別なことであったか、万感の思いが感じられる。 佐藤は事件に区切りを付けてから8年後の1964年に内閣総理大臣となり、師を超える7年8カ月の長期政権を築いていく。

【関連記事】