Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

亀梨和也、幻覚に悩む警察官役 主演舞台「迷子の時間」11月上演

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 KAT-TUNの亀梨和也が主演を務める舞台「迷子の時間 -『語る室』2020-」が、今年11月にPARCO劇場で上演されることが明らかになった。作・演出を務めるのは、劇作家の前川知大。亀梨の舞台出演は、2015年の音楽劇「青い種子は太陽のなかにある」以来5年ぶりで、本作ではストレートプレイに初挑戦する。 亀梨和也、新作ホラー映画で売れない芸人役【画像】  2015年に前川が主宰する劇団イキウメで上演された「語る室」がベースとなる本作は、神隠しにあった子供を巡るSFミステリー。亀梨は、失踪した子供の叔父で、奇妙な幻覚に悩む警察官を演じる。

 5年ぶりとなる舞台出演に、亀梨は「昨年、このお話を頂いた時、嬉しさと同時に、初めてだらけの環境に正直不安もありました。日々、世の中の状況が変化していく中、みんなで話し合いを重ね、今という時間を柔軟にとらえ、さまざまな決断、出来る準備を進めていきたいと思います」と意気込みを語る。

 舞台は当初、今年4月に発表予定だったが、新型コロナウイルスの感染状況を鑑みて見送りに。演劇界を横断して組織された「緊急事態舞台演劇ネットワーク」によるガイドラインなどに沿い、少しずつ劇場や舞台公演が再開し始めたことで、今回発表される運びとなった。亀梨も「みなさんにお知らせをさせて頂くタイミングを日々話し合ってきました。本当に難しい世の中ですが、気持ちが繋がれるもの、今共有させて頂けるものを。その想いで発表させて頂きました」とコメントしている。

 また、亀梨とタッグを組む前川は「この公演の幕が開く11月に、社会がどういう状況になっているかは、誰にも分かりません。いま上演発表はすべきなのか、迷いました。PARCO劇場、亀梨さんと相談し、だったら迷ったまま発表してしまおうと決めました。迷ったまま、私たちは準備を進めています。迷っているからこそ、日々変わる状況に臨機応変に対応できることがあると信じます」と心境を明かしている。(編集部・倉本拓弥)

【関連記事】