Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

インターパークが営業活動を効率化するセールステック業界の「カオスマップ2020」公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

マーケティング自動化(MA)クラウド「SaaSke」やIP電話アプリ「SUBLINE」の開発・販売のインターパークは、営業活動を効率化する「セールステック」事業者を集めた業界地図「カオスマップ2020」を9月3日に公開した。同社が提供する「MA」「電話アプリ」や「オンライン商談」「営業支援システム(SFA)」など10カテゴリーに分類した。 新型コロナウイルスで様変わりした業界をまとめた。同社の「カオスマップ2019」では「オンライン商談」の台頭と「ペーパーレス」元年を予想していたが、新たに「オンラインセールス」が浸透してきたと分析。テレワークで自宅から受発信できる「CTI/IP電話アプリ」や、稟議申請・押印業務ができる「電子契約ツール」が急速に普及したという。 外勤営業の「フィールドセールス」がコロナ禍によって内勤で電話営業の「インサイドセールス」にシフトし、単に電話でアポイントメントを取るだけでなくオンライン商談で受注まで行っている。また、専門的なプログラミングスキルがなくてもアプリケーション作成やシステム間連携できる「ローコード・ノーコード開発」ツールも注目されてきた。