Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【#プロレス今日は何の日】2009年5・30 新日本プロレス後楽園ホール 金本浩二vs飯伏幸太

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

【#プロレス今日は何の日】 2009年5月30日 新日本プロレス 後楽園ホール大会 金本浩二vs飯伏幸太! BEST OF THE SUPER Jr. 16th開幕戦! この年、開幕メインで金本のアニキに挑むのは、キャリア5年の飯伏幸太! 現在、飯伏は新日本プロレスの所属選手としてG1 CLIMAXで優勝し、東京ドーム大会のメインイベンターを務めるほどの選手ですが、当時はDDTの所属選手としてBOSJに初参戦でした! 金本に厳しくやられつつも殴り蹴り込む飯伏! 金本には野太い声で、飯伏には黄色い声で、高低差のある声援がビュンビュン飛び交う超満員の後楽園! リング上と観客席が互いに熱気で会話する! その熱闘はアニキ渾身のアンクルホールドで決着! そしてリング上で「スーパージュニア、命かけて頑張る」と宣言する金本! 心震わすな~、もう~! その言葉通り、金本は三度目のBOSJ優勝を果たすのでした! 更に心を震わせてくれた僕らのアニキ! そして飯伏は翌年のBOSJではプリンス・デヴィットに敗れて準優勝。そして翌々年のBOSJにでは宿敵デヴィットを破り、三度目の正直で優勝!その後はデヴィットからIWGPジュニアヘビー級王座の奪取に成功します。 しかし、残念なことに今年のBOSJは新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止となることが発表されました。 この発表を受けて現・IWGPジュニア王者の高橋ヒロムは「残念だけど、6月6日までの全大会がキャンセルになった。でも、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア27は、中止ではなく、延期だって俺は信じてる。おい聞いてるか?世界中のジュニアヘビー級レスラー。俺は、IWGPジュニアヘビー級チャンピオンとして、みんなと戦えるのを楽しみにしてる」と動画メッセージを発信しています。 一日も早くプロレスが普通に開催される日常が戻ってくることを願っています。 今日もプロレス最高っ!

【関連記事】