Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メルペイとd払い、QRコード共通化。9月から

配信

Impress Watch

ドコモのd払いとメルペイは、2020年9月初旬から両スマホ決済サービスにおいて、共通QRコードの利用を開始する。利用者がQRコードを読み取るMPM方式のQRコードを共通化する。 【この記事に関する別の画像を見る】 ドコモとメルカリ、メルペイは、2月に業務提携に合意し、6月11日から、メルカリとdアカウントの連携を開始している。スマホ決済領域での連携により、1つのQRコードで「メルペイ」「d払い」の両スマホ決済サービスが利用できるようになり、dポイントクラブ会員約7,500万人(dポイントの年間利用額約2,000億円)と「メルカリ」の月間利用者数約1,650万人(年間流通総額約5,000億円)の顧客基盤を有するスマホ決済サービスとなる。 今回のQRコード共通化で、加盟店は店頭に1つのQRコードを設置するだけで、d払いとメルペイの両スマホ決済サービス利用者の来店を見込むことができ、キャッシュレス決済導入の負担軽減と導入効果の向上に繋がられるという。 なお、今回の対応に伴い、8月1日からd払いとメルペイの加盟店向け決済手数料を2.6%に変更する(メルペイは従来1.5%)。新たな手数料体系での申込受付を7月1日から開始し、決済手数料を実質無料とするキャンペーンをメルペイは2021年6月30日まで、d払いは'21年3月31日まで実施する。 また、7月末より、加盟店への入金手数料(200円)の無料条件を入金額10万円以上から1万円以上に引き下げる。

Impress Watch,臼田勤哉

【関連記事】