Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Early ’20 ホンダ 原付二種カブファミリー 〈110~125cc〉新車ラインナップ

配信

WEBヤングマシン

’20国産新車バイク完全アルバム

原付二種クラスは125ccを中心に近頃大人気。コストパフォーマンスの良さに加え近年のアジア市場の拡大も相まって、ラインナップは増加の一途だ。中でもホンダはこのトレンドを強力に牽引。国民的バイク・スーパーカブから派生したモデルとして、発売予想が’20年6月と目されるCT125ハンターカブを筆頭に、スーパーカブC125、クロスカブ110、スーパーカブ110の4モデルを取り揃える。

CT125ハンターカブ:往年の名車が令和の世にリバイバル

アップマフラーやハイマウント吸気ダクトなど数々の独自パーツを奢り、他にはない個性で人気を博したCT110。’80年の登場後もほぼ姿を変えずに輸出され、’12年で惜しくも生産終了となった。そのリバイバル作が’19東京モーターショーで披露されたCT125で、’20年6月頃(YM本誌予想)に「CT125ハンターカブ」として発売されることになった。 スーパーカブC125をベースに、CTのシンボルであるマフラーをはじめ、エンジンガード、燃料タンク、リヤキャリアなどの外装を新設計。中でも白眉は吸気ダクトだ。水没を想定し、エアクリーナーをサイドに設置。吸入口をキャリア天面に置いた。ホンダ製バイクでは唯一CTのみの装備だったが、これも見事に再現したのだ。軽い車体で、山野さらには水の中さえ走破するスモール冒険バイク――外見だけでなく、コンセプトまで元ネタに忠実な意欲作だ。

〈【’20 HONDA CT125 HUNTER CUB】■空冷4スト単気筒SOHC 124cc ■タイヤF=2.75-17 R=3.00-17 ●YM予想価格:44万円 ●発売予想時期:’20年6月下旬〉

〈カラーバリエーションは赤とベージュの2色展開〉

スーパーカブC125:歴代最大かつゴージャスなカブ

初代スーパーカブC100のイメージに現代的なモダンさを融合し、質感の高いパーツを奢ったプレミアム仕様のC125。カブ誕生60周年の節目である’18年にデビューした。歴代最大の125ccユニットは、海外仕様のウェーブ125iを基に出力をアップ。フレームは剛性を高めた専用品で、フロントディスクブレーキやアルミキャストホイールの足まわりも与える。そして何より、初代のフォルムを再現することに多大な熱量を注いだ。初代C100の通称カモメハンドルは専用の樹脂カバーで、レッグシールドから車体後端のS字ラインは樹脂より薄い鋼板プレス成形品で再現。エンブレムも初代ロゴのオマージュとなる。走りは意外にも高回転を使いたくなる元気な特性。眺めてよし、走ってよしのカブだ。

【関連記事】