Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「核武装中立」に突っ走る文在寅、朝鮮戦争終結宣言で「米韓同盟」破棄へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

よみがえる属国意識

――総じて、韓国世論は終戦宣言に冷たいのですね。 鈴置:普通の韓国人は「在韓米軍撤退」には危機感を抱きます。その延長線上にある「米韓同盟解体」への反対はもっと多い。日頃、反米的な言動を繰り返す人々の中からも、いざ同盟廃棄となれば慌てる人が続出するでしょう。 ――となると、終戦宣言や米軍撤退は実現しないのでは?  鈴置:ところが、そちらに転がっていく可能性が高い。「米韓」だけを見ていると、同盟崩壊は想像できない。でも、そこに「中国」という要素を入れると、様相はガラリと変わります。  韓国人は旧・宗主国の中国には日本人が想像もつかないほどの恐怖感を抱いている。中国が台頭するに連れ、韓国人は「そわそわ」し始めた。中国から「昔のようにこちら側に戻れ」と言われると、本当に「離米従中」を始めた。  保守の朴槿恵(パク・クネ)政権からそれが本格化しました。左右に関係なく、韓国人は中国人に頭が上がらないのです(『米韓同盟消滅』第2章「『外交自爆』は朴槿恵政権から始まった」参照)。  文在寅政権は2017年、中国の要求通りに「米軍のTHAAD(地上配備型ミサイル迎撃システム)配備をこれ以上は認めない、米国とはMD(ミサイル防衛網)を構築しない」など「3つのNO」を飲んでしまった。  韓国製品の不買運動に音をあげた結果ですが、自分の国の防衛のあり方を他国に決められるというのは異常事態です。もっと奇妙なのは、それへの批判が国民からほとんど起きなかったことです。  この点を突っ込んで聞くと、保守も含め、韓国人は「相手が中国だからしょうがない」と澄まし顔で説明します。でも、それは「我が国は未だ中国の属国」と言っているに等しい。  ことに今、米中対立は戦争と呼んで差し支えないほどに激化した。韓国を米国から引きはがそうと、中国の韓国に対する恫喝は激しくなる一方です。韓国人がそれに耐えられるのか――。

【関連記事】