Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

もったいない! 節税になるのに使われないNISA口座が多いのはなぜなのか

配信

LIMO

NISAの利用状況は「残念な結果」に…

先月末、金融庁による「NISA口座の利用状況調査(2019年12月末時点/2019年対象)」が公表されました(図表1はその一部抜粋です)。 「つみたてNISA口座の利用状況」の図表を見る その中でのNISA利用状況は、かなり残念な結果になっています。なぜ残念なのかの分析は後段で述べますが、読者のみなさん、そもそもNISA(ニーサと読む)ってご存知でしょうか。 NISAを全部説明すると大変なので、ここではごく簡単に概要を記します。 NISAとは少額投資非課税制度のことで、年間一定額の有価証券投資(株式や投資信託等の購入)をした場合の利益が非課税になる制度です。つまり、元本がNISAで決められた限度額以内であれば、株を買って儲けても、その儲けに対する税金は必要ありませんという、とてもありがたい制度です。 NISAには大きく分けて2種類あります。年間120万円までの投資が非課税になる「一般NISA」と、最長20年間・年間40万円までの積立投資が非課税になる「つみたてNISA」があります。 詳しくは、金融庁ウェブサイト「NISAとは?」のページを見てみてください。

NISA口座を使っているのは口座を持つ人の半分以下

さて、何が残念なのかです。 まず、つみたてNISA全体の稼働率は42%と、口座数の半分以下となっていることです。逆に言うと、つみたてNISA口座を開設したものの、2019年を通して積立額がゼロであった口座数(非稼働口座)が全体の6割近くあったということです。 いったい何のために少額投資(年間最大40万円)で20年間も積立できるつみたてNISA口座を開設したのでしょうか。そもそも、NISA口座は複数の金融機関に重複開設できない上に、一般NISAもしくはつみたてNISAかの選択制ですから、つみたてNISA口座につみたて額がゼロということは非課税口座での投資をする気がないということです。 口座開設までしたのに、つみたてNISAを利用しなのは非課税口座そのものを使わないことですから、能動的に口座開設したとは思えません。銀行か証券会社かに頼まれて口座開設だけして、あとは放ったらかしなのかもしれません。いずれにせよ、節税という観点では、かなりもったいない経済行動です。 他方、一般NISAの稼働率を見ると、状況は似たようなものです。稼働率は44%、口座内に運用資金がゼロである口座の非稼働率は56%と、半分以上は“口座を開けただけ”状態で使われていないのです。 いずれの非課税口座も利用しないのには、それなりの理由があるはずです。しかしながら、なぜか金融庁のレポートではその理由についての記載はありません。そこで、筆者がその理由を考えてみました。

【関連記事】

最終更新:
LIMO