Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナの影響の収束、「1年以上かかる」と見る人が半数近く。大多数は長期戦を覚悟【エクサウィザーズ調べ】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

エクサウィザーズは、DX推進やAI導入を実施中・検討中の企業を対象に、「新型コロナが経営に与えた影響」を調査した結果を発表した。同社が運営する「exaCommunity」のオンラインAIセミナーに参加した企業に対してアンケートを実施し、290社411名から回答を得ている。  

新型コロナで売上高減少、「2割~4割減」が7割近く

まずアンケート結果を企業ごとに集計し、「戦略・戦術」「投資スタンス」「デジタル成熟度」の3項目を3段階で評価。あわせてDXへの取り組み状況を「DX先行派」「DX着手」「To Be型」「To Do型」「漂流型」の5段階に分類した。

その結果、DXを積極的に推進できている「DX先行派」に属する企業は3%、「DX着手」でも9%に留まっていた。アフターコロナを見据えた戦略を考えている「To Be型」でさえ26%と少数で、すべてあわせても半数に至らないのが現状だ。

そうした背景を踏まえた上で、直接的な新型コロナの影響を探った。まず「あなたの会社業績(売り上げ)へのコロナの影響は感覚的に何%くらいですか?」と聞くと、「影響なし」は17%で、「売上高が2割~4割減」とした企業が67%と多数派だった。業種別では、小売業、物流・運輸業への打撃が大きく、「売り上げ8割減」の比率が高い。

同様に、営業活動・商品開発・社内業務の3項目について、「コロナによる会社の業務への影響(遅延)はどの程度ですか?」と聞くと、もっとも影響が大きかったのは「営業活動」91%で、以下「商品開発」69%、「社内業務」66%の順。やはり営業活動に大きく影を落としている。

「コロナの影響がいつ頃まで続くと見ていますか」という質問では、「今年12月まで」37%、「来年6月まで」27%、「来年12月まで」17%で、大多数が長期戦を覚悟している様子がうかがえる。  

“アフターコロナ”の事業環境、大幅売り上げ減の業界は逆転を狙う?

「アフターコロナで事業環境は変化すると思いますか?」と聞くと、「大きく変化する」49%、「非連続な変化が起きる」27%で、計76%が大きな変化を想定していた。業種別では、売り上げへの打撃が大きかった「小売業」で、大きな変化が予測されている。