Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

インドネシアで新型コロナ医療従事者が襲われ死傷 警察と武装組織、相手の犯行と非難合戦

配信

ニューズウィーク日本版

新型コロナウイルスによる死者1373人と危機的状況のなか、医療関係者を狙う事件が発生。その理由は──

インドネシアの最東端パプア州の山間部で5月23日、新型コロナウイルスの感染防止支援に当たっていた医療関係者が2人、正体不明の男から銃撃を受け、1人が死亡、1人が重傷を負う事件が起きた。 [動画] 謎の男に襲撃された医療従事者 地元警察や軍は独立運動を続けるパプアの武装組織による犯行として襲撃犯の捜索を開始している。一方で警察に名指しされた武装組織側は声明を発表して「医療関係者を襲撃したのは治安部隊であり、我々に責任を転嫁しようとしている」と治安部隊を批判する事態になっている。 パプア地方は新型コロナ感染拡大防止のため他の地方からの海路、空路での自由な往来が制限されていることに加え、従来から地元マスコミ、外国メディアを含めて自由な取材が厳しく制限されている。さらに治安部隊による携帯電話網やWIFI,ネット環境の遮断もしばしば実施され、今回の襲撃事件の真相を確認する手段は限定されているのが実状だ。 とはいえ、新型コロナの感染者数、感染死亡者数が一向に減少しないインドネシア政府、保健当局にとって、これまでに少なくとも55人の医師や看護師などが新型コロナ感染で命を落としているという厳しい医療現場の実状に加えて、今回の医療従事者襲撃事件は、その背景が現時点では不明確ながらも大きな衝撃となっている。 <医療品を遠隔地に輸送中の医療スタッフを襲撃> インドネシアの「アンタラ通信」や主要メディア「ジャカルタ・ポスト」や「テンポ」などの報道や現地からの情報を総合すると、事件は5月23日現地時間の午後4時半ごろ発生した。 パプア州中部山岳地帯にあるインタン・ジャヤ県ワンダイ郡で、遠隔地の住民に医薬品や医療品を運搬中の地元保健所に務めるパプア人アマレク・バガウ氏(30)とエニコ・ソモウ氏(39)の2人が、移動中に正体不明の男性から銃撃を受けた。連絡を受けた警察・軍の合同部隊が現場に駆けつけ、2人を隣接するナビレ県ナビレ市にあるナビレ病院に搬送したが、エニコ氏は銃傷が原因で死亡、アマレク氏は重傷となっている。 現場は急報を受けて空路と陸路で展開した警察と軍の合同チームが到着まで5時間を要したという遠隔地。2人は地元保健所の担当者として新型コロナ感染防止のための医療器具やその他の医薬品を山間部に点在する集落に住むパプア人に輸送する任務の最中だったという。

【関連記事】