Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

年200万円貯める人の工夫。おしゃれは古着&手づくりコスメで楽しむ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

どんなに節約していても、おしゃれや美容には手をかけたい! そう思っている方も多いのでは? ESSEが実施した『オカネジェンヌ・コンテスト』。さまざまな工夫を実践する貯め上手が集う中、銀賞を手にした野村蘭さんは、サスティナブルな暮らしで貯蓄を積み重ねながら、おしゃれにも手を抜いていません。毎月8万円の貯金や生活費の黒字分、ボーナスなどを貯め年200万円の貯蓄を達成した暮らしを紹介します。 1日1分の家計簿で月13万円貯金。シンプルすぎる中身とは

サスティナブルなおしゃれでお金をかけずに楽しむ

古着を活用したり、思いきってメガネにしてみるとコストカットに。コスメも手づくりして、月の被服費・美容費の予算は4500円に。

●服を買うときは古着を活用する 洋服は、リサイクルショップやメルカリで購入。 「種類が多いから選ぶ楽しみがあり、品質も問題なし。会社勤めの頃は月2万円ほど新品の服を買っていましたが、今では10分の1以下に」

着られなくなった服はふきんに。

●手づくりできるものはつくってみる 化粧水やリップクリームなど、手づくりできるものはネットで調べながらなんでもトライ。 「つくる過程も、娘たちと一緒に楽しんでいます。材料もシンプルでそろえやすいんです」 それぞれ毎月2000円の節約に。

<リップクリームのつくり方> みつろう3gに植物性オイル10~15gを加え、湯せんして溶かす。好みでエッセンシャルオイルを入れて香りをつけ、冷やせば完成。

<化粧水のつくり方> 尿素1:水2の割合で混ぜ、しっとりさせたい場合はグリセリンを少量加える。水で5倍以上に薄め、容器に入れればでき上がり! ※化粧品を手づくりする場合は、細菌やカビが混入すると腐敗する恐れがあります。保存容器等をしっかり殺菌し、早めに使いきるようにしてください。また、使用成分が合わず湿疹や炎症を起こした場合はすぐに使用を中止してください。

●コンタクトをやめてメガネにする 20歳の頃から使ってきた使い捨てのコンタクトを思いきってやめてメガネにすると、月1万円はかかっていた費用がゼロに。 「目も疲れず調子がいいし、金銭的負担もかなりラクに!」

【関連記事】