Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

岐阜県養老町「千人塚1号古墳」調査 西濃地域で最大級の円墳と判明

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ぎふチャンDIGITAL

 岐阜県養老郡養老町にある「千人塚1号古墳」について、町教育委員会の調査で、この古墳が造られた5世紀末から6世紀初めでは、西濃地域で最大級の円墳ということが判明し、9日、報道陣に公開されました。  「千人塚1号古墳」は去年夏に、解体する建物の敷地内から埴輪が出土したことから町教委が調査を始めました。  その結果、この古墳は、5世紀末から6世紀初めに造られた全長およそ35メートルの円墳であることが判明しました。  また、古墳の周りを囲むように溝が作られていたことも分かり、円筒の形をした埴輪のおよそ150のかけらが出土しました。  この古墳は、養老の滝から近く、ヤマトタケルの伝承が残る道沿いにあることなどから、埋葬されているのは地域の有力者だと推定できるということです。 ※養老町教育委員会 廣瀨正嗣 学芸員  「古墳の上に元々建物が建っていたため、一度試掘調査を昨年の夏にした。その結果、埴輪や葺石が見つかり、保護に向けてしっかり(古墳の)形と大きさを確認するため範囲確認調査を実施した。養老町でも重要な古墳ということが分かったので、今後町の文化財として守っていけるように方向性を定めていきたい」  なお、9月13日には現地で説明会が開かれます。

【関連記事】