Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「クゥオランティーン」語源は中世のペスト封じ 新型コロナ感染拡大のイタリア・ベネチアの無人島由来

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 新型コロナウイルスの感染が欧州で突出して広がっているイタリア。2月21日に北部ロンバルディア州で38歳の男性の感染が発覚したのを皮切りに感染者は日増しに増加した。政府は感染者の大部分を占める同州などの自治体を封鎖し、住民の移動を原則禁止するなどウイルス封じ込めに躍起となっている。  ところで、感染症の流入防止のため実施される「検疫」は英語では“quarantine”(クゥオランティーン)と言うのだが、これが何世紀も前にイタリア北部のベネチアで使われていた言葉が語源となっているのはご存じだろうか。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の事例を挙げるまでもなく水際対策の難しさがあらわになっている今、感染症との闘いの歴史を言葉の由来からたどってみたい。(イタリア語通訳=持丸史恵)  ベネチア本島北岸から水上バスに乗って15分ほどのところに、ラッザレット・ヌォーヴォと呼ばれる島がある。現在は、いくつかの簡素な建物とわずかな緑が見られるのみの無人島だが、かつてここは島ごと宿泊施設の整備された検疫施設として使われていた。

 8世紀から独立した国家を形成していたベネチア共和国はアドリア海の女王と称されるほど、地中海貿易で栄えた。東方から運ばれてくる珍しい品々と、多くの外国人が行き交う国際都市は、その富を謳歌する半面、常にさまざまな疫病に触れる危険と隣り合わせだった。なかでも、中世ヨーロッパの国々にとっての脅威はペストだった。  「黒死病」と恐れられたペストは14世紀に広範囲で大流行し、膨大な数の犠牲者がでる原因となった。こうした惨状を経験したベネチア共和国議会は1468年、ラッザレット・ヌォーヴォ島を検疫所とすることを決定。当時、ペスト菌がネズミに寄生するノミを介して人に感染することはまだ解明されていなかったものの、隔離が防疫に有効な手段であることはわかっていた。実際、これに先立つ1423年、ベネチア共和国はペスト患者の収容施設をラッザレット・ヴェッキオ島に設立している。その島は城壁に囲まれた隔離病棟であった。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS