Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

観月ありさが不気味に歌う 『私たちはどうかしている』女将・今日子の「おかみのわらべうた」配信

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 8月12日より放送がスタートした日本テレビ系水曜ドラマ『私たちはどうかしている』。観月ありさ演じる光月庵の女将・今日子が歌う「おかみのわらべうた」がYouTube日テレ公式チャンネルで配信された。 【写真】第1話では雨の中、横浜流星が土下座!?  浜辺美波と横浜流星がW主演を務める本作は、『BE・LOVE』(講談社)で連載中で、累計発行部数200万部を超える安藤なつみの同名漫画をドラマ化する“ラブミステリー”。15年前に起こった老鋪和菓子屋「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも惹かれ合う、浜辺演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人・花岡七桜と、横浜演じる創業400年の「光月庵」のクールな跡取り息子・高月椿の姿を描く。  浜辺と横浜に加え、高杉真宙、岸井ゆきの、山崎育三郎、佐野史郎、観月らが脇を固める。脚本を手がけるのは、『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)、『偽装不倫』(日本テレビ系)の衛藤凛。演出は、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』『あなたの番です』(ともに日本テレビ系)の小室直子と『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』の猪股隆一が担当する。  七桜と椿が運命の再会を果たす8月12日放送の第1話では、七桜は正体を隠したまま“偽りの結婚”を利用。母の無実を証明しようと心に決め、椿の結婚式当日、光月庵に乗り込む。観月演じる光月庵の女将・今日子にとって、七桜は突如として目の前に現れ、大事な一人息子・椿の結婚式を破談にした忌むべき存在となる。  YouTube日テレ公式チャンネルで配信された特別映像では、そんな今日子が、第1話のラストで籠の中の蝶を愛でながら、何かを企む表情を浮かべて歌った「かごめかごめ」の様子が収められている。さらに、以降のストーリーでも重要なシーンで歌われるという不気味な今日子のわらべ歌が、「おかみのわらべうた」として続々配信される予定だ。

リアルサウンド編集部

【関連記事】